漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」31話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」31話のネタバレ

オフィーリアが目を覚ますと既に朝だった。

昨晩のことは夢かと思ったが、首を絞められた痕が残っていたので、何者かに襲われたことは間違いなかった。

相手の顔を溶かしたのだが、誰かまではわかっておらず、急いで見つける必要があった。

オフィーリアは一般の魔法士とは違い、意識を集中させるだけで呪文不要の魔法士なのだが、昨晩は無我夢中で使ったために、反動で吐血してしまう。

このままでは相手にやり返す前に、自分の命が危ういので、オフィーリアは必ず犯人を見つけ出そうと考えた。

オフィーリアは首回りが隠れるドレスに着替えると、執事のいるロビーへと向かった。

執事に、アレクサンダーはどこにいるか尋ねるも、急用で朝早く村に向かったとのこと。

クロードの方は、同僚から連絡が来たとのことで、アレクサンダーより早く外出中だと言う。

犯人の男の声は、その二人に似て低い声だったのだが、クロードはわからずとも、オフィーリアを父親殺しと疑っているアレクサンダーなら動機があると考えた。

鬼気迫るオフィーリアの様子に、執事もメイドも狼狽える。

今頃になってお嬢様扱いするのかと言うオフィーリアは、大人しくしていてもだめだと知り、先に手をうつことにしたのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」31話の感想

オフィーリアは襲撃された後、普通に朝を迎えましたね。専属メイドがいないので、誰も起こしにこないようです。

支度も自分で終わらせたので、首の痕は誰にも気づかれていません。

オフィーリアは、襲われたことに怯えるのではなく、怒りを覚えました。

もともと気弱な女性ではありませんが、母親の愛だけはすがっていましたね。今は愛する対象の母がいないので、全て敵だと言わんばかりです。

アレクサンダーもことも信用していません。むしろ真っ先に疑っています。

人殺しでも愛せるアレクサンダーは犯人ではないと思うのですが、オフィーリアは母以外と長く暮らしたことがないので、理解できないようですね。

またオフィーリア自身も、これまでの母の行動を黙認してきたので、恨まれて当然だという自覚はあるのでしょう。

もしこれでアレクサンダーが犯人だったら、アレクサンダーの狂人度が上がりますね。

さて、オフィーリアは一人で犯人を捜しに向かいましたが、すぐに見つかるでしょうか。

犯人に立ち向かうなら落ち着かなければいけないのに、かなり気が立っているので、さらに狙われないよう気をつけたいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください