漫画「盗掘王」252話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」252話のネタバレ

団員と遺物の応援のおかげで、柳は作品作りに集中した。

遼河達も展覧会の準備で忙しかったが、パンドラの展覧会場所の近くで開催できるようになった。

柳が個展を開くことをニュースで知ったパンドラは、復元ができずに減っていた襲撃の回数を増やした。

ホルトン邸までは襲われることはなく、主にグレイブカンパニーが狙われた。

個展初日、遼河が正装すると、荒縄が格好いいとはしゃいだので、遼河は荒縄に赤いリボンをつけてあげる。

団員達も正装し、あとは出発するだけとなったが、柳は緊張しすぎて部屋から動けずにいた。

柳は荒縄に縛られて運ばれることに。

だが前売り券がそれなりに売れたにも関わらず、開始時刻になってもお客が一人もいなかったので、柳のメンタルはボロボロになる。

イリヤが柳を慰めるほどなので、相当思わしくないようだ。

遼河達は、パンドラが妨害したと考え、一度偵察することに。

イリヤの悪魔オリアスを召喚し、それぞれ姿を変えパンドラの展覧会に向かうと、首席復元師のジュリアン等オフィシャル復元師の面々や、憤怒の墓で逃げ出したルイ・マーティンの姿を発見するのだった。

漫画「盗掘王」252話の感想

ホルトン家の別荘は、何故かパンドラに見つかること無く、もしくは襲えないのか安全でした。睡眠がしっかりとれる場所があるのは有り難いですよね。

そうして個展に向けて順調に準備できていたのに、結果は散々でした。

個展にお客が一人も来ないなんて、柳のメンタルが心配になります。ショックのあまり泣いていましたね。

イリヤが慰めるほど悲惨な状況だったようですが、確かにイリヤはいつも柳をからかっていました。

まあパンドラに妨害されるのは仕方ないですよね。相手もむざむざ客をとられては困りますから。

一体どのような妨害をしているのでしょう。

柳のクローンのようなルイ・マーティンが関係しているのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください