漫画「皇女、反逆者に刻印する」40話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」40話のネタバレ

自分専用の剣を贈られたミカエルは、とても喜んだ。

だが、間もなく魔獣狩り大会が行われるので、剣に血がついてしまうと残念がる。

結界と深い森に覆われたガラパゴン島で行われる魔獣狩り大会は、狩った獲物の得点を競うものなのだが、魔獣は錬金術の素材になるので、錬金術を重視する皇室が力をいれている行事なのだった。

イヴは剣を持ち、ミカエルを連れ出すと、新しい剣で騎士の誓約の儀式を行った。

ミカエルは、死ぬまで全身全霊でイヴだけに仕えると誓い、イヴは微笑んだ。

ホムンクルス養成所で学んだ叙任式は、ただの儀式の1つでしかなかったが、イヴの微笑みを見たミカエルは違う感情を持った。

ミカエルはイヴに、剣の礼がしたいと言うと、イヴは、それならば魔獣狩り大会で上位に入って欲しいと言う。

そして、イヴに勝者の喜びを教えようと思い、名誉のために最善をつくすと約束するのだった。

そうして狩猟大会当日、イヴとミカエルは、魔法陣でガラパゴン島にやってきた。

島の空を舞うのは、カラスではなくハーピーだった。

この島は強力で凶暴な竜ガラムートが生まれた土地でもあった。

イヴは、髪を結んでいたリボンをほどくと、ミカエルの剣に結んだ。

ミカエルは微笑み、イヴの手に口づけをおとした。

そんな甘ったるい二人を、ロゼニットやブリジッテは冷たい目で見つめていた。

いよいよ狩猟大会が始まり、不気味な森に続く門が開かれた。

森のずっと奥には、ドラゴンが待ち構えているのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」40話の感想

専用の剣を贈られ、ミカエルはとてもうれしそうでしたね。

その剣で改めて、専属騎士の誓約の儀式を行いました。今度は心から誓ったので、信頼関係はより深くなったでしょうね。

そういえばイヴはミカエルに強制したことはありませんね。それでもどの皇族よりも、信頼関係では勝っていると思います。

今回でしばらく休載とのことです。再開が待ち遠しいですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください