漫画「私が娘ですか?」49話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」49話のネタバレ

お茶会に出席したヘイリンは、皇太子から、痛い目を見たからもう来ないかと思ったと言われるが、皇帝と約束したからと言い返す。

皇太子は、ヘイリンが公爵とノアと領地視察行くという話題を出し、第2皇子と親しいようだがもう仲良くするな、自分が未来の夫なのだと、ヘイリンの胸ぐらを掴んで怒鳴った。

疑うなら公爵に確認すればいいと、嫌な笑みを浮かべる皇太子。

ヘイリンは、あのとき皇帝が言っていたことは本当だったのだと気づき、ずっとカリストとして生きたいので、公爵に相談しようとその場を離れる。

すると皇帝とノアが立っているのが見えた。

皇帝は手を振り上げると、ノアの顔を叩き、母親に似て穢らわしい、不良品だと怒鳴った。

ヘイリンは思わず駆け寄ろうとするが、アイヴァンが止める。

皇子に何があったのだろうかと、ヘイリンは心配するのだった。

屋敷に戻ったヘイリンは、ノアのことをヴィンセントに相談する。

皇帝はノアと目が合っただけでも殴るのだが、皇族に無闇に踏み込むことはできないので、助けたくても無理とのこと。

いつも明るい彼が、皇宮であのような扱いを受けていると知らなかったヘイリンは、涙を流し、皇子はずっとあのままなのかと言う。

ヴィンセントは、ヘイリンがこのように苦しむのは、孤児院で受けた虐待のことが関係しているのだと思い、孤児院を一掃し、ヘイリンの苦しみを少しでも取り除こうと考えた。

その夜、母のことを聞いてから良くないことばかり続いていると、ヘイリンが落ち込んでいると、聖剣テオが震えだした。

ヘイリンはテオに、母への複雑な感情を相談する。

そこで、テオならば私の過去を見れるのではないかと思いつき、父親の顔を見てみようと考える。

だがテオは、人間の記憶を遡るのは精神に関与するのは危険だと言う。

ヘイリンとテオの契約時に、過去を見れたのは特別なケースとのこと。

また、ヴィンセントの聖剣リオには生と死を司る能力があり、ヘイリンの聖剣テオには記憶と忘却の能力があると言い、膨大な神聖力と強い精神力があれば、人の記憶を消したり、新たに植え付けることもできると話す。

だが記憶の中に留まりすぎると、現実と精神世界の区別がつかなくなり、精神世界に閉じ込められる羽目になると警告する。

それでも見たいかと訊かれたヘイリンは、そこまで危険を冒す必要はないと思い、断った。

そうして、母が住んでいた場所へと向かったのだった。

漫画「私が娘ですか?」49話の感想

皇太子、かなり性格がねじ曲がっていますね。初登場時は口が悪いだけの少年かと思っていましたが、皇帝そっくりの傲慢な性格でした。

皇帝の方は、日常的に幼いノアの顔を躊躇うことなく殴っています。ノアはどのような気持ちで過ごしているのかと、ヘイリンは心を痛めました。

確かにヘイリンに会っているときのノアは、とても明るく影を感じません。皇宮にいる間は心を殺して生活しているのかもしれませんね。幼いのにすごい精神力です。

親のこと、皇太子のこと、ノアのこと、と問題が多いヘイリンですが、聖剣テオという相談役ができたのは、助かりましたね。

テオの能力は、記憶に関するものでした。ヘイリンにはうってつけの能力ですが、危険を伴うので、おいそれとは使えません。

ヘイリンの両親のことは調べればなんとかなりそうなので、テオが活躍することはあるのかな・・・

ノアの立場改善にも役立つといいのですけどね。まずはヘイリンの親探しですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください