漫画「私が娘ですか?」50話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」50話のネタバレ

数日後、ヘイリンは、ロアナ・オルピアスを軌跡を辿る旅に出て、久しぶりにジェイド司祭に会う。

ジェイドがヘイリンを見て、キレイだとはしゃいだため、ヴィンセントに睨まれる。

その後の馬車での移動中も、ヴィンセントの手によって、ヘイリンに近寄らせてもらえないジェイド。

ジェイドは、ヘイリンが聖剣テオの主になったことや、リオの声まで聞こえたことを確認すると、ヘイリンはしもべになったと答える。

通常聖剣と直接話せるのは契約時だけなので、まだ会話ができるヘイリンは契約が完了しておらず、聖剣が使用者の誓いを神に伝える必要があるとのこと。

すると馬に乗った兵士がやってきて、同行希望の方が来たと報告する。

その人物はノアだったので、ヘイリンは喜ぶ。

だがノアの頬は、皇帝に殴られたせいでまだ赤く、ヘイリンはそのことを聞いてみていいのか悩む。

とりあえず、ノアの瞳が今日もピンクローズだと褒めた。

それを聞いたジェイドは、確かに皇子の目は、魔族と同じ色だから特別だと言い出す。

ノアはまだ幼いからピンクなのだが、強い魔力を持つ魔族は赤い色なのだそうだ。

ヘイリンは、魔力が沢山あるのからピンク色なのかと納得する。

ノアは悲しそうに、怖いかと尋ねるも、ヘイリンは、全く気にしておらず、赤い花を例にあげて、可愛いキレイだと答え、安心させた。

宿泊場所に到着すると、まるでおとぎ話のような建物に、ヘイリンは皇宮に来た時より興奮した。

だがノアが住んでいるから皇宮の方がすごいと思うヘイリン。

ノアがヘイリンを構っていると、ヴィンセントが邪魔しに来て、ヘイリンを回収する。

夜、ヘイリンが眠っていると、剣戟の音が聞こえたので、また襲撃されたのではないかと、彼女は驚くのだった。

漫画「私が娘ですか?」50話の感想

久しぶりに司祭のジェイドが登場しました。よく喋る明るい司祭です。

すっかり父親になってしまったヴィンセントは、ジェイドの接触を制限していましたね。

ノアも、皇族は30歩以内接近禁止というメモを渡されていました。

ノアの瞳についてですが、どうやら魔族に近い色だから皇帝に穢らわしいだのと、嫌われていたのですね。生まれつきで何の罪もないのに、皇帝はどうかしてます。

さてヘイリンは、ロアナ・オルピアスを知るために、ヴィンセントとノアと一緒に旅にでましたが、早速襲撃されたのでしょうか。

ただの剣の稽古だったら良いのですが、夜中にしないですよね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください