漫画「私が娘ですか?」48話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」48話のネタバレ

ある日ヘイリンは、ロアナ・オルピアスの情報を得たという、ノアからの手紙を受け取った。

彼女は置き手紙を残し、一人で街に出かけ、ノアと合流する。

ふと、ノアの瞳が初めて会ったときより、だんだんと赤くなってきていることに気づく。

ノアが、ヘイリンはよく見ていると言うと、ヘイリンは、皇子様だけだと言うので、ノアは照れてしまった。

その後、情報ギルドに金を払い、ロアナは17歳まではリグウェル辺境伯領地で静かに過ごしていたが、18歳になり行方が分からなくなったと話す。

ノアが、ザカリー伯爵が彼女を連れ去ったのではと言うと、ザカリー伯爵が外国から戻ってきたのがその1年後だったので、彼は関係ないとのこと。

ロアナが18歳で身ごもっていたらなら、現在のヘイリンの年齢と合うので、本当に母親かもしれない。

ヘイリンが、彼女が行方不明になる前、誰か親しい男性はいなかったのかと尋ねると、行方不明になる数か月前は機嫌が良さそうだったが、失踪と関係あるような人物はいなかったそうだ。

話を聞き終え、ヘイリンがしょんぼりしていると、ノアが気遣い、もっと多くの情報を扱っている人を知っていると言う。

ヘイリンは、情報ギルドより情報を持っているのはどこだろうと驚くが、それはヴィンセントのことだった。

ヴィンセントは、ヘイリンが屋敷にきたときにロアナについても調べ、ヘイリンの生みの親だとわかっていたそうだ。

ヘイリンは会いたがるが、もう彼女は天に召されたとのこと。

父親についてはまだ見つからず、調査中だった。

ヘイリンはボロボロ涙を流すが、ロアナは私を捨てた人なのだから悲しくないと思い込もうとした。

ヴィンセントが、ロアナが住んでいた場所に一緒に行こうと誘ってくれたので、ヘイリンは大泣きするのだった。

ヘイリンが落ち着くと、ヴィンセントは、ヘイリン宛の皇室からの招待状を渡した。

前回のお茶会で皇太子に虐められたことを知っているヴィンセントは、欠席してもかまわないと言う。

だがヘイリンは、約束だからと招待に応じることにする。

大切にしてくれる人たちをがっかりさせたくないと思うのだった。

漫画「私が娘ですか?」48話の感想

ヘイリンの持っていたペンダントの女性、ザカリー伯爵の書斎にあった指輪と肖像画の女性、ロアナ・オルピアスはヘイリンの母親だと確定しました。

しかし残念ながら既に亡くなっていました。ずっと心の拠り所だったと思うので、ヘイリンはかなりショックを受けたようです。

ロアナについては、ノアが色々動いて調べてくれましたが、一族に関わることなので、結局ヴィンセントの方が情報ギルドより詳しく知っていましたね。

しかもロアナがいた場所に連れていってくれるようです。そこで父親の手がかりが掴めるといいですね。

さてその前に、また皇太子とお茶会があるようです。お互いストレスが溜まるようなので、皇太子の方からキャンセルして欲しいですよね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください