漫画「私が娘ですか?」47話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」47話のネタバレ

またヴィンセントと一緒に眠ることができ、ヘイリンは大喜びでヴィンセントのベッドに入った。

すると壁に立てかけてあった聖剣が震え、何かを話し始めたので、やはりこの前のは勘違いではなかったのだと驚く。

頭も口もないのにどうやって喋っているのかと、ヘイリンが興奮しながら尋ねると、聖剣は、頭の中に直接話しかけていると答えた。

聖剣はヴィンセントに、ヴィンセント以外に私の言葉がわかるものがいるとは思わなかったと言うと、ヴィンセントも、聖剣がわからないことは俺もわからないと答えた。

翌朝、ヘイリンとヴィンセントは、聖剣の浄化と守護の場所である、カリストのためのアスラ神殿にやってきた。

ヘイリンは、台座に飾られた聖剣が気になった。

ヴィンセントは、あれはヴィンセントの聖剣リオと対になる聖剣テオで、ヘイリンの物になるだろうと話す。

聖剣はカリストの中でも特別な人しか扱えないので、ヘイリンは驚いた。

聖剣の主は一人のみなので、本来リオと話せるのはヴィンセントだけなのだが、ヘイリンが話せたので、対となるテオとも話せるのではないかとのこと。

初代当主以降、主を受け入れたことがないテオは、ヘイリンを主とするだろうかと、ヴィンセントは考える。

ヘイリンがテオに触れると、18歳で納屋で焼け死んだあの過去に戻った。

テオは、聖剣を手にしたら何をしたいかをよく考えさせるために、ヘイリンの過去の光景を見せたのだった。

テオはヘイリンと契約すると言うと、ヘイリンの意識はすぐに現在に戻った。

ヘイリンは、自分は公爵の本当の娘ではないのに、何故契約してくれたのかというも、聖剣はヘイリンがそう思うなら仕方ないと言いつつ、テオがそう決めたから契約したと話す。

テオは、秘密である真名テオドール・アスエロを名乗り、呼んだらすぐに来いと、どちらが主人かわからないことを言う。

ヘイリンがよく理解できないまま、テオとの契約は完了したのだった。

その夜、ヘイリンはベッドでぐっすり眠っていたが、ソファーではヴィンセントとテオが口喧嘩をしていた。

騒がしさでヘイリンが起きてしまったので、ヴィンセントはテオをワードローブに閉じ込める。

そしてヘイリンには優しく応じ、大きくなったら一緒に寝れなくなるなと、寂しそうに話す。

するとヘイリンが、大きくなっても公爵と一緒にいると言うので、ヴィンセントはご機嫌になるのだった。

漫画「私が娘ですか?」47話の感想

聖剣と話せるのは契約者だけなのに、双子剣の声が聞こえたのは、それだけヴィンセントとヘイリンの血が近いのでしょうね。

それこそ父娘なみに。

ヴィンセントは完全に父親モードになっていますが、おそらく異母兄弟ですよね。

まあ年が離れた妹は娘のように可愛いので、何の問題もないですね。

ヘイリンと契約した聖剣テオは、聖剣をどう使いたいか考えるよう言いましたが、ヘイリンはどうするのでしょうか。

過去を繰り返さない、それだけではないのでしょうね。

それなら聖剣は要りませんし、聖剣がなくてもカリストの血族である証明はできています。

ヴィンセントのように討伐にでるとは思えないので、ノアなど大切な人を守るために聖剣を使うのかなと思います。

どちらにしろ、剣術を学ぶ必要がありますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください