漫画「実は私が本物だった」最新話42話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話42話のネタバレ

ジョゼフは、手をケガしているのに本当に大丈夫ですかと心配するが、キイラは気にせず、果敢に攻めた。

想像以上の動きに、ジョゼフはたじろぐ。

キイラが、もう団長じゃないからと手を抜くのかと言うので、ジョゼフは微笑むと、もう少し本気を出してキイラと対決することにした。

言葉を交わすより、こうして剣を交えている方が、キイラと気持ちが近づいている気がするジョセフなのだった。

とある日、ジョゼフはコゼットが精霊士の力を発現したと聞いた。

そのせいでキイラが思いつめ、ろくに食事を摂らなくなってしまい、ジョゼフはキイラの様子を見に行く。

アーサーもキイラを心配しており、二人はキイラが元気になるのを待っていたが、待った末にくだされたのは、キイラの処刑判決だった。

ジークは、唯一の精霊士の座をとパルビス公女であることを奪われ、挙句の果てに国を亡ぼす魔女とされた姉を救うために、父に直談判しに行くつもりだった。

だがジョゼフは、ジークの立場が悪くなるのを心配し、自分が代わりに大公を説得するからお部屋に戻ってくださいと話した。

そうしてジョゼフは、大公の部屋を尋ねるのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話42話の感想

回帰前のキイラは、感情表現が苦手だったのですが、それでもジョゼフは彼女を理解していたのですね。そしてもっと知ろうともしていました。

心配してジークの代わりに大公のもとへ行ったり、かなり心優しい人物ですよね。

ジークが怒りのままに大公を罵ったら、ジークも謹慎などの罰を与えられ、キイラを救出できないかもと説明していました。

ジョゼフは解雇もしくは懲罰覚悟で大公のところへ行ったのでしょう。

ラディックは、偽者は災厄をもたらすと予言されているにしろ、十数年も一緒に暮らしていた娘を簡単に処刑することに決めたのは、まあ普通の感覚ではないですよね。

そんな人物にジョゼフの言葉は通じないのでしょう。だから処刑が行われてしまいました。

回帰後のラディックは、悪夢の影響でキイラとの関係にかなり揺らいでいますが、今のラディックならジークやジョゼフの言葉が届くのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください