漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」141話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」141話のネタバレ

カリンはルイに、我が軍は首都に行くことはできるかと尋ねるも、物理的な怪我より精神的に深く傷ついているので、無理だろうとのこと。

自身ですら平常心を保てないので納得し、ここで連合軍を退却させ、残りの首都攻略は彼に任せることにした。

その頃の彼は、レアンドロ侯爵の群れ相手に、どう戦うべきか困惑していた。

逃げるよりは先手を打った方が生き残れる可能性があると判断し、剣気+疾風のダブルキャストで、まず一人は倒そうと槍で攻撃する。

魔法と剣術の組み合わせが調和度97%以上で成功し、違う種類のスキルを組み合わせられる、スキルの組み合わせ特典を取得と表示される。

彼の攻撃はレアンドロ達に直撃し、相手はグニョグニョと変形していたもののまた再生し始め、まだ準備が終わっていないのにと同じ言葉を繰り返し呟いていた。

あまりの異様さに、彼はぞっとした。

今度は雷電を加えて攻撃するが、幼虫は以前のレアンドロのスキルも再現でき、彼の攻撃は跳ね返されてしまった。

そうして彼は、レアンドロの群れに囲まれてしまい、終わりを覚悟する。

だが攻撃してこないので、彼はフォースシールドを使って空中に駆け上がると、全体に電撃を食らわせようとした。

だがレアンドロが剣を投げ、骸骨馬の頭を吹っ飛ばし、中心部を完全に破壊してしまう。

落下する彼は、その勢いを使って下に向けて雷攻撃を放った。

するとようやく一人倒すことができ、彼が精髄吸収するまで残りのレアンドロも待っていてくれた。

どうやら彼が刺激しなければ攻撃してこないようなのだが、それは公明正大で勝負にこだわりのある元のレアンドロの自意識が残っているかのようだった。

バフ黄昏の祝福等で、天候が有利な方へ変わり、威力が50%も上昇した。

暗黒も使い、二人目のレアンドロを始末し、精髄吸収する。

このように一人ずつ倒していけば乗り切れるかもしれないし、幼虫は彼に成長しもらい、まるでレアンドロをこのようにした皇室を、代わりに潰して欲しいかのようだった。

だが、少女公爵はそれを望まず、レアンドロ達を強制的に操り、彼を襲わせるのだった。

そうして彼は、またもや墓地で復活した。

同化率がさがり、シナリオが変更され、見習いとネクロマンサーの恋人の特典が消えた。

彼は、骸骨騎士の特典を維持したまま、骸骨兵士Lv.1(Lv.259)として復活したことを知り、何度転職しても特典が残るようだ。

だが暗黒特典は消えたので、マルパスとの契約は切れたようである。

今後は、無暗に皇室を攻撃するわけにもいかないし、30人の幼虫レアンドロは二度と経験したくないと考えた。

アイザックについては、もう少し考えてから会いにいくことに。

彼のために犠牲になったアイザックだが、彼が復活できるからそれに託したのか、いずれアイザックの本音を知ることができるだろうと思った。

しかしいくら待ってもルビアは現れず、彼は途方に暮れるのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」141話の感想

レアンドロは、少女公爵に強制され、血の涙を流して苦しんでいました。

少女公爵に、愛する人を殺され、自分も殺されて幼虫の餌にされ、死後もあのように少女公爵の傀儡になっていました。

少女公爵に骨の髄まで搾取されたので、死んでも死にきれないほど絶望と怒りで苦しんだでしょう。

そんなレアンドロは、復讐を彼に託すことにしたようです。少女公爵の邪魔さえなければ、かなり強くなれただろうに、残念。

レアンドロが骸骨馬の頭を破壊したのは、彼が攻撃しそうだったからではなく、彼を逃したくなかったのかなと思いました。なんとしてでも自分を殺して強くなってもらいたかったのかなと。

攻撃を一度受けたわりには、誰一人反撃しないで馬で囲んでいましたし。

もう少し成長しないと少女公爵に勝てないと思いますが、彼は誰よりも早く強くなることができるので、仇討ちを頼むには適任ですよね。

今回ダメでしたが、復活を繰り返して少女公爵を倒したいですね。

もしかしてですが、どのシナリオも皇室が関わっているので、各シナリオを攻略しなければ、少女公爵を倒せなかったりして。そうだとしたら長い道のりになりそうです。

しかし、いつもの場面に復活したものの、ルビアが現れません。彼女の環境はどのように変わったのでしょうね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

2 COMMENTS

TaoCheng

アイザックが逃走用スキルを付与してくれてたのに何となく戦って無駄にしてしまうあたり実に彼らしい・・・
今回の変化は世界線の変化に結界で耐えられるらしい少女公爵が何か手を回したか、蒼天持ちで死亡したルビアが計画的な行動をとってるのか・・・どうなるのでしょうね。

返信する
猫野

TaoCheng様

いつもありがとうございます。
アイザックと彼は、お互いいつもズレているのが面白いですよね。冒険で一緒にならなければ、本来は仲良くなれない二人だと思います。
今回の変化は、ルビアはレナのようにある程度記憶を持っていると思うので、彼女の行動が変わったせいだと思うのですが、あれほど守ろうと大事にしてきたルビアに再会できないのは、彼的に切ないでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください