漫画「盗掘王」239話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」239話のネタバレ

遼河は、秘宝を売ってやる、買いたいやつは連絡しろ、という動画を世界中に配信した。

その動画をみた遺物使用者達は、遼河のことだから詐欺ではないかと疑いつつも、秘宝を手に入れるために遼河にメールを送った。

大量にメールが届いたが、大物のメール以外は削除する。

実際に秘宝を売るつもりはなく、売るフリをして時間を無駄に使わせるのが目的だ。

ユリアンは手がかかりすぎではないかと言うも、遼河がそうしたいとのこと。

荷造りを手伝えというユリアンの小言を無視し、遼河はダンに会いに行く。

ダンの精肉店を訪れた遼河は、ニューヨークに戻ることを告げると、記憶が戻ってもここに残った方が良いと言う。

美穂が生きているのだからあの子の傍にいることと、日本で用ができたときはダンに任せたいこと、また、遼河の知人たちを守って欲しいことを相談する。

用がある時はイリヤの遺物で呼び出すので、物理的な距離は関係なかった。

ダンは承諾すると、上級の戦闘用遺物を分けてもらうよう頼んだ。

そうして遼河達はニューヨークへ向かい、到着後は秘宝取引のことや、遼河が再びニューヨークに戻ったことなどの情報を流し、秘宝を狙う奴らから健やダンに迷惑がかからないようにした。

その後、秘宝取引のカモとなる発掘団には、かつて詐欺王の名をもっていた柳に任せた。

柳は指定した場所に取引相手を呼び出すと、高級料理をおごらせた。

柳はそのようにして時間稼ぎをし、雑談をしながら敵の動向を探った。

柳との対話で、うっかり情報を漏らしてしまう者もいた。

その場に隠れていた雪が全て記録し、頃合いを見て、遼河のフリして柳に電話し、取引を中断させた。

取引の話が全く進まないのに、柳が帰ろうとするので、当然発掘団は柳を引き留める。

だが、予め用意していた脱出用遺物で逃げられてしまう。

そのようにして、柳と雪は順調に事を進めていた。

遼河はカラスを呼び出すと、次の計画のためにカラスの知識を参考にしたいと言う。

完全な秘宝として契約するために、カラスの本体はどこにあるのかと問うと、七大墓の遺物が鍵だと言われるのだった。

漫画「盗掘王」239話の感想

とても遼河らしい展開でした。貴重な秘宝を手放して、相手に力をつけさせるわけにはいかないですよね。

王の墓の仕返しらしいので、死ぬ思いをした遼河は、いつまでも嫌がらせを続けるかもしれません。

遼河の仕返しを頼まれた柳は、詐欺王としての才能を発揮していました。

とても楽しそうだったので、ちょっとしたストレス発散になっているのでは。普段は多忙だから、柳の息抜きですね。巻き込まれたほうはたまったものではありませんが。

カラスについてですが、まさか本体がないとは思いませんでした。じゃあまだ本来の力ではないのですね。

次の七大墓は、またジョシュアに見てもらえばすぐにわかりそうですね。どんな遺物なのでしょう。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください