漫画「皇女、反逆者に刻印する」35話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」35話のネタバレ

二人の専属騎士が、剣を抜いた状態でミカエルに近づく。

レトバーは、このようなことをしたくはないが左腕を失うのがマシだろうと言う。

体の一部を欠損すれば、すぐに等級が下げられ、魔晶石採掘奴隷にされてしまい、悲惨な末路となる。

戦うことを選べば、皇族殺害未遂の濡れ衣を着せられ、処刑される。

どちらかを選ぶとすれば後者のほうで、忠誠洗脳で二人の皇族まで剣が届かなくても、この専属騎士二人なら始末できると考えた。

問題は、そうなったときに敵対勢力にイヴを責める口実を与えてしまうことだった。

ミカエルは、最後に一度でも騎士らしく行動しても良いだろうと思い、イヴのために左腕を差し出した。

レトバーは気が進まないながらも、すぐに終わらせると言い、ミカエルの左腕を落とすべく、剣を構えた。

ミカエルは、外の世界を見せてくれてありがとうと、イヴのことを思い、目を閉じる。

すると、結界にヒビが入り、空からイヴが降りてきた。

そしてミカエルとレトバーの間に着地する。

レトバーとスノーレットは、頭を下げイヴに挨拶する。

イヴは振り返り、ミカエルをギリギリ助けだせたことを知る。

イヴはステファニアとデリックを睨むと、アグニト卿を呼び出して虐めていたようだ言う。

ステファニア達は、ただ教育してやろうと思っただけだと言い訳するが、イヴに、アグニト卿は砂利の上で跪かされ、剣ももたずに二人の騎士に剣気まで突きつけられたようだ、もし彼が剣を抜いたら皇族殺害未遂の濡れ衣でも着せるつもりだったのかと指摘され、黙る。

イヴはミカエルの落とした剣を拾うと、彼に手渡し、皇室は小さな争いの連続だが、それを馬鹿らしく思って避けていては解決しないと悟ったと話す。

イヴはミカエルに、私に剣を向けた騎士二人を制圧しなさいと命じる。

ミカエルはフっと笑うと、仰せのままにと剣を抜いた。

そしてイヴは、姉と兄の相手は私がしましょうと言い、ステファニアとデリックに笑顔を向けるのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」35話の感想

危うくミカエルの腕が斬り落とされるところでしたが、イヴが結界を破って阻止しました。

空中から現れたので、どう移動したのかわかりませんが、ブリジッテ達を何かしらの術で眠らせたこともあるので、彼女は色々なことができますね。

本当にギリギリのところで登場したので、ミカエルがなんだか泣きそうな顔になっていました。

26話でも、ロゼニットがミカエルが断れないのをいいことに、男女の仲を意味する、アイマスクを外そうとしているところを、ギリギリでイヴが間に入って阻止しました。

彼が泣きそうになったのは、イヴがミカエルを大切に思っていることが、よく伝わったのだと思います。

主人である彼女がとことん尽くしてくれるので、ミカエルにとっても特別な存在です。彼女のためならと左腕を失う覚悟でした。

レトバーやスノーレットは、互いを尊重し合う二人の関係を見て、どう思うのでしょうか。

ブリジッテの命令とはいえ、ミカエルを虐げたステファニアとデリックは、イヴにそれなりに報復されるのでしょうか。

肉体的に危害を加えるのは問題になるので、精神的に追い詰めるか、プライドを折るか、駒にするなど色々方法はあるとは思いますが、二度とこんなことをしないように、キツく罰して欲しいですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください