漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」106話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

こちらは韓国の漫画アプリ/サイトを翻訳したものです

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」106話のネタバレ

オークション二日目も、イーサンとグレンばかりが落札していたので、どちらがルナと食事することになるのだろうかと、周囲に関心を持たれていた。

その様子を覗き見していたカナリアは、オークションが加熱してきたので、もっとお金を借りてくれるように1位の可能性をみせるため、最後のオークションは落札できるようにしたほうがいいと考えた。

その日最後のオークションが始まり、カナリアはグレンに勝たせた。

合計落札金額は僅かにイーサンの方が多かったのだが、グレンは最終日にイーサンに勝ち、ルナとの食事の権利を得ようとやる気に満ちていた。

そして例の事務所に行き、さらに借金を重ねた。

次の日の夕方、オークションの最終日だったのだが、カナリアの表情は暗かった。

セザールは、ブラウン子爵の弱点はまだあるはずだ、また新たに計画を立てようと励ますも、実際は大成功でしたと、満面の笑みで話すカナリア。

計画通り、勝利が見えたグレンは焦って大金を借り、オークション最終日ではかなりの金額を注ぎ込み、ルナとのお食事権を獲得した。

グレンがサインした契約書にはとんでもない利率が書かれているので、今は喜んでいるだろうが、お金を返すときは笑えないだろうとのこと。

これでもうストーカー行為をしないように懲らしめ、グレンの借金という弱点でブラウン子爵と取引するつもりなのだと言う。

セザールが、ルナとの食事については彼女は大丈夫なのかと尋ねると、その前に借金を清算しなければならないから、グレンがルナと食事することはないそうだ。

ただ、途中でファーンハム家に気づかれたら水の泡になってしまうし、相手も何か企んでいるはずなのに静かなのが不安だと、カナリアは話す。

セザールは、カナリアが自分をいつも励ましてくれた言葉だ、全部うまくいくよ、と言い、彼女を励ます。

彼の顔が近かったのでキスするのかと思い、カナリアは目を閉じて待つが何もされず、期待したかと言われる。

カナリアは恥ずかしくて顔を赤くするが、最近の夜はセザールがリードしていることに気づき、彼の両手を髪のリボンで縛ると、カナリアはセザールを好き勝手にするのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」106話の感想

カナリアの手の上で、ころころ転がされるグレン。計画通り、うまくいきましたね。

このままファーンハム家に気づかれなければ、ルナも皇太子の座も守ることができます。

カナリアの言う通り、ファーンハム家が静かなのが気になりますね。

オスカーの記憶が戻りつつあったり、リカルドが暗躍していたりと、セザール達に手が回らないほど、内部でトラブルでも発生していればいいのですが。今はどうなっているのでしょうね。

今回の計画で、イーサンはカナリアの指示通りにグレンに負けたのですが、負けるときはなんだか不満そうな表情でした。作戦とはいえ、グレンに負けるのは気に入らないのでしょうね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください