漫画「実は私が本物だった」最新話37話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話37話のネタバレ

キイラが、コゼットに臆することなく挨拶し返すと、コゼットは一瞬不敵な笑みを浮かべ、十数年ぶりに家族に会えて嬉しい、姉だと伺っているから気楽に話していいかと、ジークに笑顔で問いかける。

ジークは、一体何の話をしているのかと、顔を赤くして怒鳴る。

するとアイザック・バインベルグが、特別な贈り物として実の姉を連れてきた、あのような偽物ではなくと言い、キイラを一瞥する。

回帰前と同じだと、キイラは淡々と受け止め、ジークは怒り、アーサに、無礼者共を追い出せと命じる。

アーサーがコゼットに手をのばすと、コゼットはその手を払い、自分は大公の血筋だ、大公が娘と認めた後にその無礼の処罰を受ける気はあるのかと言う。

するとそのタイミングで、ラディック・パルビスが入場した。

コゼットは、ラディックをお父様と呼び、前大公妃ロエナの娘で大公の長女、コゼットだと名乗った。

ラディックが、お前が私の娘だというのかと聞き返すと、周囲の貴族たちは、ロエナ・バインベルグは子供を産めずに追い出された後死んだのではなかったのか、エディンバラ侯爵に濡れ衣を着せられたのではないか、大公によく似ているからロエナの娘ではないかと、ザワつきだした。

キイラは、コゼットが平民にしては白くきめ細かい肌をしていること、多くの貴族に視線をむけられても平然としていることに違和感を覚える。

自分の身分を知らずに田舎で育ったということも疑ってみなくてはと、キイラは考える。

コゼットは、お会いできて嬉しいお父様、とラディックに呼びかける。

エディンバラ侯爵らは、神託では次の代の精霊士は1人だけのはず、大公の嫡女はキイラだけだと、ラディックに訴えかけるが、ラディックはそれを睨み黙らせる。

ラディックはコゼットに、証明することはできるかと問うと、コゼットは、機会をいただければと答える。

過去と全く同じやり取りを聞いていたキイラは、その後にラディックが、大事なのはどちらが私の実子なのか確かめることだから証明してみせろ、と言うのを思い出していた。

既に一度経験したことにまた傷つくのはバカみたいだと、キイラは自嘲する。

だがラディックは、もう一度最初の挨拶を言ってみなさいと言う。

コゼットは、初めましてお父様かと、首をかしげながら言葉を繰り返す。

その言葉に目を見開くラディック。

アイザック・バインベルグは、ラディックの反応にたじろぎつつ、コゼットは大公の実の娘だ、命をかけても良いと主張する。

エディンバラ侯爵が、証拠をだせと指摘すると、バインベルグ伯爵は、精霊士の能力を持っていないキイラも証拠がないのと同じではないかと言い返す。

この子の誕生を多くの者が見届けたのだぞと、エディンバラ侯爵の怒りが収まらず、キイラが落ち着かせようとする。

するとラディックが、簡単に結論を出すことではないことと、今日は息子の誕生を祝う日なのでパーティーを楽しむこと、パーティーを邪魔する気がないならばこの話はここまでにしてほしいことを、皆に告げる。

回帰前とは違う展開に、もしかして父にも回帰前の記憶があるのかと、キイラは困惑するのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話37話の感想

ついにコゼットが登場し、あからさまにキイラを偽物だと主張し始めました。

コゼット本人ではなく、バインベルグ伯爵が主張しているのですが、コゼットが言うと心証が悪いからかなと思います。

前回のラディックの対応は、キイラを実子だと思えなくなったからこそ出た言葉なので、最悪ですね。

キイラがどのような気持ちになったかなんて、全く想像しないし、する気もないのでしょう。そのような性格なので、妊娠しなかったからとロエナを追い出せたわけです。

ラディックは、キイラの塩対応にショックを受けていることがありますが、自業自得なのですよね。コゼットが登場して、屋敷中が歪む前から、キイラにそのように接してきたわけですし。

ジークとエディンバラ侯爵は、キイラを護ろうとしてくれます。回帰前でも後でも、態度が変わらない彼らこそ、信じることができますね。

今回のラディックの対応は、回帰前とかなり違うものですが、一体どうしたのでしょうか。最近のキイラの変化に、キイラが大切だと自覚できているのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください