漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」16話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリcomicoで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

毎週金曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」16話のネタバレ

クロエは、本の続きは部屋で読むことにし、本邸に戻るために庭園を歩いた。

ブリニクル家は、初代皇帝の弟が興した、建国時から続く家門で、皇族の血が流れていることがわかった。

ベッシーによると、侯爵は仕事ぶりが良ければ良い待遇を与えてくれるので、働きたがる者が多く、皇帝が欲しがるほど優秀な人が沢山働いているとのこと。

クロエが、ブリニクル侯爵家は皇室の血が濃く、家臣に属する下級貴族が沢山働いていたそうだが、今でもそうなのかと尋ねると、アッシュが変えたため、ベッシー含め邸宅内で働くものの殆どが平民だそうだ。

クロエはちらっと、入ってはいけない部屋の窓を眺める。

すると、普段忙しくて昼間いない事が多いアッシュがやってきたので、キャサリンのときも帰りが早かったが、偶然なのだろうかとクロエは疑問に思った。

アッシュはクロエに話したいことがあると言い、彼女を散歩に誘った。

手を繋ぎ、綺麗な小川が流れる場所へ行く。

子供の頃のアッシュは、嫌なことがあると、使用人にすぐに見つけてもらえる、この近くの庭園に隠れていたそうだ。

母が捜しに来てくれることもあったので、アッシュにとって思い出の場所だという。

幼い頃のアッシュを想像したクロエは、一瞬あの少女を思い出し、あの子は女の子なのに何故思い出したのかと戸惑う。

少しの間だけ一緒に住んでいた2歳上の子で、ある日突然いなくなってしまったが、その少女とは楽しい思い出がたくさんあった。

一緒にお風呂にも入ったのだから、あの少女がアッシュのはずがないと思い直す。

するとアッシュが跪き、指輪を差し出しながらプロポーズをした。

アッシュは、法的には妻だが、正式なプロポーズはまだだし、クロエが自分を選んだわけではないからと言う。

さらに、一度はプロポーズしてみたかった、大切な人に心から選んでもらいたかったと言うので、クロエは微笑むのだった。

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」16話の感想

なんだか尊いものを見たような、素晴らしいプロポーズでした。何度も見返したい回です。

アッシュは白いスーツでやってきたのですが、プロポーズのためだったのかもしれません。

クロエの髪飾りは百合の花だったのですが、アッシュの胸にも飾ってありました。今日プロポーズする予定だと、ベッシーは知らされていたのでしょうね。

クロエはプロポーズに対し、とても柔らかな表情で微笑んでいたので、もちろんOKなのでしょう。ここまで愛され尽くされるのは、何よりも幸せではないでしょうか。

そういえば、ブリニクル家門は血が濃いと書いてありましたね。親族は皇族の血を引くものばかりなのでしょうか。

もしそうなら、今後クロエの風あたりは、想像以上に強いのではないかと心配になります。

心優しいクロエには幸せになってほしいので、悪意もほどほどであって欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください