漫画「悪女が恋に落ちた時」58話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している転生恋愛ファンタジー漫画「悪女が恋に落ちた時」原題・악녀가 사랑할 때、作家・서귀조

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

※今のルペルシャ=リシャ、前のルペルシャ=ルペルシャ、でまとめています。

漫画「悪女が恋に落ちた時」58話のネタバレ

ソフィアは満面の笑みでリシャに近寄り挨拶すると、ソフィと愛称で呼んでほしいと言う。

しかもガイル侯爵がいないことに気づくと、殿下と二人きりだとうっとりし始めた。

リシャがこの前優勝したベアトリスコンテストについて、優勝したリースは、蝶の女神となった後にリースとして生まれ変わったのだと噂されているらしい。

リシャを崇拝しながら語るソフィアの暴走に、リシャは止めるのを諦めた。

結局ダニエルに会えなかったリシャは、部屋に戻る。

テーブルの上に、ダニエルの契約書とペンが置かれていた。

リシャはペン先を指にさし、血を契約書の上に垂らすと、契約書が光り、ダニエルが現れた。

リシャが行ったのは普通の契約ではなく、血の契約だった。

ダニエルは、契約書の準備でなかなか来れなかったのだと言うと、ようやく彼に会えたリシャは、涙を流した。

ダニエルは、私の契約者は涙もろいようだと言い、彼女の髪に花を一輪差し込む。

血の契約とは何かと彼女が質問すると、リシャはこの契約で無理して泣く必要はなくなり、ダニエルはより多くの彼女の願いを叶える必要があるのだと言う。

だが、涙に込められた感情もダニエルが受け取ることになるので、私が怖くないかとまた質問されたリシャは、怖がって欲しいのかと聞き返す。

そうかもしれないと答えた彼に、ハッキリしないとリシャが言うと、好きだと言いながら友達になりたがったり、会えずに泣くリシャの方がハッキリしていない、気持ちがわからないと言われてしまう。

リシャが、ずっとダニエルに会いたかったのだと言うと、ダニエルは気晴らしに外にいこうと誘う。

森林の中の水辺に移動した二人。

リシャが、ダニエルのいないときに涙がでたらどう渡すのかと尋ねると、契約を交わしたから1人で泣くことはないそうだ。

私が悲しいときにそばにいてくれるのか、ロマンチックだとリシャが喜ぶと、ダニエルは予想外の言葉に唖然とし、契約解除はできませんと一応注意する。

リシャは花冠を作り、ダニエルの頭に乗せる。

リシャが彼を絶賛していると、ラビロフとガイル侯爵がやってきた。

ダニエルは何故かリシャの肩を抱き寄せて、ラビロフに挨拶する。

ダニエルとラビロフでにらみ合いになり、意味がわからない彼女は困惑する。

その夜、ダニエルはリシャに、あなたを失うのが惜しくなってきたとこぼすと、枯れ行く湖に投げる石のようなものをプレゼントすると言う。

よくわからないが喜ぶリシャに、ダニエルは、明日の夜会いましょうと言うのだった。

漫画「悪女が恋に落ちた時」58話の感想

ソフィアは、犬のようにリシャに懐いています。

あまりの熱量にリシャは引いていましたが、このように少しずつリシャのファンが増えていくといいですね。

ラビロフもいつの間にか陥落していましたし。

また、ダニエルがしばらく姿を見せなかったのは、契約書の準備のためでした。

待ちに待ったダニエルとの再会に、リシャは泣いてしまいましたね。それほど彼を恋い焦がれていたのでしょう。

本当にダニエルだけには、特別な感情を持っていますよね。だからこそ、ダニエルの気持ちも動かすことができたようです。

ダニエルはリシャにプレゼントする前に、殿下が近くにいたせいでとぼやいていました。どういう意味でしょうね。

プレゼントもどういったものなのか謎です。

またダニエルほどの能力があれば、リシャの魂と肉体にずれがあることに気づくこともあるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください