漫画「入学傭兵」23話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

22話のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」23話のネタバレ

西山工業との揉め事の後、壮馬達はコンビニ前で軽食を摂る。

おにぎりの開封の仕方がわからない壮馬は、佐々木を真似して開封する。

片山が西山工業に絡まれた話題になり、佐々木は片山に、あのようなときはビビってはだめだとアドバイスする。

殴りかかってきたらと片山が問うと、ビビっているからって相手が殴ってこない保証はない、殴るときの力は弱めてくれるかもしれないが、またカモにされる、一度抵抗すれば相手も面倒がってちょっかい出さなくなると、佐々木と飯田で説明した。

ビビってないで一発かませと言われた片山は、複雑な表情になる。

その話を聞いていた壮馬は、少年傭兵だったときに、年上の傭兵に配給を奪われそうになり、相手をめちゃくちゃに殴り返したことを思い出した。

片山は、自分やクラスの子をいじめる飯田と佐々木が苦手だったと、突然打ち明けた。

真っ青になる二人は、虐めではなく、ふざけているつもりで、他のクラスの者よりはマシだと考えていた。

片山は、二人の何気ない言葉や悪ふざけが暴力と同じなのだ、暴力に程度の差はない、平気で暴力を振るう二人が嫌いだったと話した。

冗談のつもりだったと言う二人に、片山は、一緒に行動しているうちに、二人が暴力に気づいていないと理解できたと言う。

佐々木と飯田は片山に謝った。

壮馬のおにぎりは開封に失敗して落下した。

その頃、姉が壮馬に接触したと知った礼子は、本人に文句を言いに行った。

壮馬については調査しないことになったと言う礼子だが、身元不詳の人間を調査するのは当たり前だと返される。

礼子の姉は、壮馬に関する情報が以上に統制されて調べづらかったが、ついにその正体についての電話がくると言う。

礼子は興味はないと答えるが、電話が鳴ってしまい、一緒に聞く羽目に。

だが電話の内容は、SWグループは壮馬について調査を行わないというものだった。

漫画「入学傭兵」23話の感想

片山くんは思い切りましたね。

飯田と佐々木は、一発かませという言葉が、まさか自分に返ってくるとは思わなかったでしょう。

でも二人は戸惑いながらも、謝りましたね。加減がわからないだけで、根は悪い子ではないのでしょう。

かと言って虐められている方はたまったものではありませんが。

道徳の教科書に載りそうな話の合間に挟まれる、壮馬の猟奇的なエピソードが気になります。

石で殴ったのかと思いましたが、パンを握りしめていたようですね。

パンを潰さずに相手を殴り倒したのはすごいですし、その血まみれのパン食べるのか捨てるのか。

生きるのに必死だったのはよくわかりましたが、彼の異常性を感じる一コマではありました。

そんな壮馬は、少佐を通して政府が帰国させたのだと思うのですが、政府にとって隠したい情報がたくさんあるようですね。それでも帰国させたのには何が思惑があるのでしょうか。


次回24話のエピソードまとめはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください