漫画「盗掘王」最新話204話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」最新話204話のネタバレ

遼河は、屋敷内のトラップもアイギスの盾で難なく防ぎ、足を止めることはなかった。

その様子を柳は後ろから見つめていた。

もはや逃げるしか無くなったジョシュアだが、既に遅く、部屋の外には荒縄が張り巡らされていた。

ジョシュアは部下に、荒縄に触れないように移動しろと命じるが、荒縄は音も聞けるのでバレてしまった。

荒縄は早速、ジョシュアを地下で見つけたことを遼河に報告する。

ジョシュア達は、逃げるために荒縄と戦っていたが、荒縄には勝てず、苦戦していた。

すると轟音とともに天井が破れ、遼河が現れた。

遼河は、荒縄にジョシュア達を捕縛させると、話を聞かれたくないジョシュアの部下を上の階に運ばせた。

運んだ先には柳が隠れていたのだが、荒縄が柳をみつけ、逃げ出した柳を追いかける。

一方、遼河はジョシュアに、遺物で撮られたポラロイドの写真を見せ、どこまで知っているのかと尋問していた。

黙ったままのジョシュアは、遼河に腹を蹴られる。

遼河は荒縄に指示を出すが、荒縄はすぐに反応しなかった。

少し反応が遅れた荒縄は、さきっぽの方が忙しかったけどもう大丈夫だと言い、捕らえた柳を遼河の前に運んだ。

遼河は、柳にどうしてここにいるのかと問う。

柳の答えに納得できなかった遼河は、下手な嘘はやめろと言い、偃月刀を柳の首に当てるのだった。

漫画「盗掘王」最新話204話の感想

単独行動中の遼河は、バケモノ並の強さですね。攻めることにおいては、誰も敵わないのでは。

ジョシュアはどうにもならずに、あっけなく捕まってしまいました。早めに逃げたにしても、キルダルに見つかってしまうから、遼河に本気で狙われた時点で終わっていたのでしょうね。

そして柳も捕まってしまいました。

荒縄の長さはどうなっているのでしょう。荒縄も遼河もなんでも有りのチートキャラですね。

さて、遼河は柳が皆を騙して逃げ出したことに気づきましたが、どう処分するのでしょうね。

遼河は柳を裏切り者だと思っていないので、しっかり話を聞くとは思いますが、柳の目的がまだよくわからないのですよね。遺物を置いてきたので、前世の過ちを罰してもらうつもりでしょうか。

まとめ

・遼河にどうやっても勝てなかったジョシュアは、荒縄に捕らえられる

・柳も荒縄に見つかってしまい、捕らえられてしまう

・柳の嘘を見抜いた遼河は、偃月刀を彼の首に当てる


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください