漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」107話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめを作りましたコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」107話のネタバレ

シトルテのオーランド公爵は、貴族の代表であり皇帝派の要人なので、シトルテが彼を切り捨てるわけがないとアイリスは考える。

オーランド公爵がテントから出ていったので、アイリスは呼び止めようとするが、イアンによって止められた。

イアンもこれがシトルテが企んだことだとは思っておらず、事故か、そうでないならば戦争以外の目的があるはずだと言う。

リュウは、このことが皇宮に知られたらリザ皇妃が戦争を煽り、そしてここにいるイアンとアイリスを消すつもりなのだろうと話す。

騎士たちが剣を抜き始めたので、戦争になってしまうと一同は焦る。

アイリスは、ここに集まっているのは各国の使者だ、指1本でも触れたら4カ国交えた戦争になる、そうなって欲しいのかと一喝する。

騎士たちが剣を収めたので、アイリスは国境警備の騎士に何があったのかを尋ねる。

事の発端は、シトルテが国境を警備していたロエンティ家の騎士を殺したことで、ロエンティ家は宣戦布告と受け取り、会談の会場に兵士を送った。

今度はシトルテがそれに対し行動を起こしてしまったのだった。

アイリスはシトルテの使者に、皇太子から謝罪文をいただければ解決すると説明し、オーランド公爵が片を付けるべきだと言う。

そして四日後、シトルテ皇宮から使者がやってきて、ようやくここから逃げることができるかと思ったが、思ったものではなく、幕舎に護衛が必要になった。

誰か1人でも死んでしまえば戦争になってしまうので、逃げるか、とどまって援軍を待つか、アイリス達は相談する。

アイリスは、イアンがダニーをビビりと言ったことで、オーランド公爵の言葉から、シトルテの皇太子がどうなっているのか理解する。

アイリスは国境警備隊の制服を借りると、ロエンティ伯爵邸まで赴き、ロエンティ伯爵に謁見する。

アイリスはロエンティ伯爵に、今すぐシトルテへの警戒態勢を解いてほしいと頼む。

ロエンティ伯爵は、宣戦布告したのは向こうだ、フォレスト侯爵はどちらの味方なのかと、彼女を睨む。

同じく国境警備隊の制服を着て同行したダニーは、何故国境警備隊の警戒態勢を解けと言うのかと、ひたすら困惑するのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」107話の感想

リザ皇妃は、戦争をけしかけてイアンとアイリスを消そうと企みました。一体どれほどの人を巻き込むつもりなのか、本当に恐ろしい人物ですね。

4カ国巻き込む戦争を起こしてでも、消さなければならないほど、イアンとアイリスが脅威となってしまったのですね。かなり追い詰められているようなので、そろそろリザ皇妃についても決着がつくのかもしれません。

アイリスは危険をおかしてまで、ロエンティ伯爵に会い、国境警備隊の警戒態勢を解除するよう求めました。

戦争を回避するには、ビビリのシトルテの皇太子を刺激しないのが一番だということでしょうか。怯えているだけなら、戦争が回避できるなら回避するはずです。

リザ皇妃の思惑のせいで、大勢の人が死ぬ羽目になるのは避けたいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください