漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」108話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

登場人物まとめを作りましたコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」108話のネタバレ

国境を守るロエンティ家は、ルリの家だった。

ロエンティ伯爵は、ルリによくしてくれて信頼していたのにと、アイリスに怒鳴る。

そこへルリが兄とともに現れ、お姉さんはいい人だと怒鳴り、アイリスに抱き着いた。

伯爵はルリが人を覚えていたことに驚いたものの、兄のレイブンにルリを連れて出ていくように命じる。

レイブンが、フォレスト侯爵は裏切りものではないと、アイリスをかばったので、伯爵はアイリスに怒鳴った。

するとルリが、パパが悪いと怒鳴り、1年ぶりに耳をふさいで泣き叫んだ。

動揺する伯爵の目の前で、レイブンがルリを上手になだめ、謝らせた。

伯爵はその光景にショックを受け、子供二人を抱き寄せると、パパが悪かったと謝った。

伯爵夫人もやってきて、アイリスは応接室に通される。

娘の成長に感動して涙が止まらない伯爵に、アイリスは、感動して泣くのは悪いことではないと言う。

レイブンは、アイリスがルリの教育方法を度々手紙で教えてくれたこと、たまにルリに会っていてくれたことを話し、アイリスに謝罪するべきだと話した。

そこまで世話になっているとは知らず、伯爵は羞恥で顔を真っ赤にし、彼女に頭を下げた。

アイリスは、今回のことについて話し始めた。

今回の会談は、ローヘンハイムとシトルテだけではなく、アルモンスとレイセンも参加するので、4つの国が戦争になると大陸戦争に繋がりかねないと話す。

そこで何故先制攻撃をすることになったのか、伯爵から話を聞く。

会談という特殊な状況のため、ローヘンハイムとシトルテで国境警備の段取りが細かく決められていたのだが、ローヘンハイムの兵士の一人が時間を間違って行動してしまい、シトルテ側に制圧されてしまった。

本来であれば捕虜にされてから協議になるのだが、脱走兵とみなされ殺されてしまったのだ。

シトルテ側の対応に不満があること、脱走兵の死体を返してもらわないといけないことから、伯爵は戦闘態勢を解除したくはなかった。

アイリスは、剣を地面に置くだけでもいい、伯爵の手に大陸の平和がかかっていると説得した。

イアン達のところに無事戻ったアイリス。

翌朝になると、ロエンティ伯爵からの指示で、国境警備兵たちは、剣を地面に投げた。

それを見て驚くシトルテの兵。

アイリスは、これでこちらが望む人が現れると言が、それはオーランド公爵ではないのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」108話の感想

ロエンティ伯爵家はルリの家でしたね。すっかり忘れていました。

伯爵はレイブンの動きに驚いていましたが、これまでルリのわりと放置していたようですね。辺境伯で忙しいから仕方ないのでしょうけど、子供と距離を感じたようです。

さて、これまでアイリスがルリ達に協力していたのが功を奏し、伯爵に話を聞いてもらえることになりました。

何故ロエンティとシトルテが揉めることになったのかがわかりましたが、伝達ミスがあったのかローヘンハイムの騎士が間違ってしまったのが原因でした。

これもリザ皇妃がしかけたことなかと思うと、恐ろしいですね。人の命をなんとも思っていないところはネラと同じです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください