漫画「悪役のエンディングは死のみ」59話の翻訳ネタバレと感想!あらすじまとめ

全話一覧はコチラ

韓国のkakaopage版(毎週金曜5週連載後、1週休載)を翻訳しました。日本語版が公開されたときに、間違っているところがあれば後ほど訂正いたします。

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

ピッコマ版は毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」59話のネタバレ

ペネロペが無礼なことをしたと聞いたデリックの好感度が、25%に下がった。

デリックは、義妹が何をしたかわからないが、傷が癒えてからそれほど日が経ってないので万全ではないので、大目に見てほしいと、カリストに話す。

カリストが、2人だけの秘密の約束を守らず、私の心を翻弄したのにか、とからかうように返すので、デリックはどういうことかと驚く。

しかも、庭園で公女に囁かれた言葉をまだハッキリ覚えているなど言い出したので、ペネロペは石弓でカリストの記憶を飛ばそうと考え、カリストの言葉を遮るように、少し離れた場所へ行こうと呼びかけた。

その瞬間、周辺から悲鳴があがった。

声のした方へ視線を向けると、先程異国の人が取り出していた、まるくてつるんとした鳥のような生き物が、巨大化して宙に浮いていた。

周囲の悲鳴から、あの鳥は魔物だと判明。

魔物は周辺の人に襲いかかり、転んで逃げ遅れた令嬢をデリックが抱きかかえて助ける。

するとローブを着た魔術師の集団が現れ、女神の名において皇太子を殺すと言う。

ペネロペとカリストの前に巨大な魔物が現れたが、ペネロペはこの突然の展開に理解が追いつかない。

カリストは、たった1人の妹を、殺そうとした男の所に放置し、見知らぬ令嬢を助けたデリックを揶揄する。

カリストはペネロペをからかうが、これは自分で撒いた種だから自分で処理すると言い、襲ってくる魔物を斬り裂いた。

これほど大騒ぎになったにも関わらず、近衛兵はまだ駆けつけなかった。

魔術師はカリストに、今日ここから生きては帰れないと怒鳴る。

カリストは彼らをレイラー神国の残党だと見抜き、まさかセティナの巫女に偽装して忍び込むとは思わなかった、検問を通過させた協力者は誰かと言う。

魔術師はそれに答えず、貴様のような残虐非道な者が皇帝になってはならないと怒鳴る。

カリストは、人間を魔物実験の餌や実験体にするような奴には理解できないだろうと言い返す。

魔力を持った子供まで片っ端から拉致をしているのだろうと、カリストが指摘すると、魔術師は、全てはレイラー女神の思し召し、神に反する邪悪な者共が消えたときこそ真の皇帝が現れるのだと主張する。

ペネロペは、ヴィンターから、そのような危険な思想について聞いたこと(35話)を思い出す。

カリストは、ではむしろ貴様らをぶっ壊してやったと帝国に感謝する者たちのことはどう思うのかと言うと、返事はいらない、どうせ貴様たちはその魔物のようにここで殺されるのからと、凄む。

魔術師は、殺されるのはお前だと言い、魔物を分裂させて増やした。

参加客はその場から逃げようとするが、見えない何かに遮られて逃げ出せず、パニックになった。

ペネロペは、混乱する人々の中に、ヴィンターが焦った様子で立っているのを見つけるのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」59話の好感度

(出典元:悪役のエンディングは死のみ)

漫画「悪役のエンディングは死のみ」59話の感想

カリストは人をからかうのが好きなようですね。

そのせいでデリックの好感度が下がってしまいました。まあ、エカルト兄弟はちょっとしたことで増減するので、大したことではないのでしょうけど。

その後も、ペネロペとの仲を匂わせるような発言が続き、ペネロペが振り回されています。皇太子相手に、ペネロペのような言動をする者などほとんどいないので、刺激的で面白いのでしょうね。恋愛面にはまだ発展しなくても、彼はかなりペネロペを気に入っているのでは。

さて、カリストの命を狙って、レイラー神国の魔術師達が仕掛けてきました。レイラー神国は、35話でヴィンターが少し話していましたが、魔術師を生き辛くしている原因の1つです。

今回このような騒ぎになって、また魔術師の立場が悪くなると思い、ヴィンターは困り果てているのでしょうね。上着に手をつっこんでいましたが、杖を取り出し、攻撃に参加するかどうか迷っているようです。

しかし魔物の見た目が風船のようで全く怖くないので、緊迫感がないんですよね。もし魔物の持ち込みが見つかっても、珍しいペットだと言い逃れするために、かわいい見た目の魔物を用意したのでしょうかね。

まとめ

・レイラー神国は、人間を魔物の餌や実験体にしたり、魔力を持つ子供を拉致するなど非道な行いをしていたため、帝国に潰された

・レイラー神国の残党である魔術師が会場に入り込み、巨大な魔物でカリストの命を狙った

・見えない壁で宴会場が閉じ込められていたため、周囲はパニックになるが、その中でヴィンターはどう動くべきか迷っていた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください