漫画「皇女、反逆者に刻印する」12話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」12話のネタバレ

ミカエルに綺麗だと言われたイヴは、綺麗な庭園でしょうと流す。

だが、ミカエルにイヴの髪も綺麗だと言い直されたので、皇族が嫌いではなかったのかと、イヴが聞き返す。

ミカエルは、皇族は嫌いだが、刻印の影響なのか、意識しなければイヴに対しては嫌な感情は沸かないと話す。

いつの間にか本気で皇室に忠誠を誓いそうで怖いと言うミカエルは、そんなこと絶対にないと笑顔で否定するイヴを変に思う。

ミカエルが、タメ口で話していても気にしないようだと言うと、イヴは、自分の専属騎士であるミカエルだけだ、二人きりのときは問題ないと言う。

イヴはミカエルのために、自分でお茶を淹れた。

ミカエルはお茶を飲みながら、どうして専属騎士に選んだのかを尋ねる。

イヴは、ホムンクルスの解放のために、皇太女そして皇帝になりたいのだと打ち明ける。

皇太女を目指すために社交界は無視できず専属騎士を置いたこと、皇帝ですら手に負えなかったホムンクルスを刻印したことで皇位後継者に名乗りをあげられることを説明した。

ミカエルは納得する。

ひとまず忠誠の儀式を無事に終わらせ、イヴとミカエルの二人でいく初めての公式行事・ロゼニットの20歳の誕生日に参加する予定だ。

専属騎士は朝から晩までずっと主人と一緒だが、特別な指示が無い限り、皇室親衛隊の宿舎で厳格な管理のもと集団生活を送る。

専属騎士の所属は皇室親衛騎士団だが、皇族の夜の世話をするため点呼が免除される。

そういえばとミカエルは、指名式当日は点検という名目で、ホムンクルスに夜の世話をさせるのが通例であることを思い出し、青ざめてイヴをチラ見する。

そのタイミングで、イヴがすっかり夜だと言うので、ミカエルは、まさかやるのかと戸惑うのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」12話の感想

ミカエルは、しれっとイヴを褒めているわりに、点検という夜の世話は気が進まないのか、おどおどしていました。

まあ普通の人であれば、恋愛感情もないのに初対面の人と夜を過ごすなんて躊躇いますよね。

他のホムンクルスはそれを強要されているかと思うと、気の毒です。本当に奴隷のような扱いですね。

刻印の影響で、主人に対しては嫌悪感はないでしょうけど、造られた感情であって、自分の本心ではないと思うと、怖くて当たり前だと思います。

ミカエルはイヴも夜を強要するのではないかと、自身も造られた感情でそれを受け入れるのではないかと、不安なようです。

イヴはホムンクルスを対等に考えているので、ミカエルの心配は杞憂でしょうね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください