漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」77話のネタバレと感想!あらすじまとめ

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」原作BakHedam、漫画Pearjuice、脚色Jade、原題이건 명백한 사기결혼이다

毎週月曜日に最新話が更新されます。(5週連続更新後、1週休載)

前回のエピソードはコチラ

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」77話のネタバレ

レイリンのおかげで夫人が回復したので、ストールズ騎士団長はレイリンに頭を下げる。

産後鬱との診断をうけていたのだが、昨日までも酷い鬱だった、だが大公妃のおかげで妻の笑顔をみることができたと語る騎士団長。

レイリンは、騎士団長夫妻が帝国出身だったことを思い出し、慣れない土地で心細かったのではないかと思った。

赤ちゃんの泣き声が聞こえたので、レイリンも一緒に赤ちゃんを見に行く。

一度泣き出すと、なかなか泣き止まないので、騎士団長はげっそりしながら抱っこしていた。

レイリンが赤ちゃんを抱くと、赤ちゃんは何故かレイリンより少し上を見つめて、泣き止んだ。

おっぱいも泣きながら飲むジニーが泣き止むなんてと、騎士団長と乳母が驚く。

レイリンは何故赤ちゃんが泣き止んだのか理解できなかったが、赤ちゃんの瞳には青い女神が見えていたのだった。

レイリン訪問後、夫人は目に見えて良くなり、ジニーも落ち着くようになったそうだ。

ストールズ騎士団長は、レイリンに跪いて感謝した。

そして、瀕死の母親を生かした奇跡という、レイリンの物語が広まった。

レイリンは赤ちゃんの可愛さに夢中になり、執務室にいる間もニマニマしていた。

赤ちゃんの話が気まずいベラは、薬材リストをレイリンに渡すと、慌てて帰宅した。

そのリストを眺めたレイリンは、もしかしてデリスが夜の準備できていないと言ったのは、彼の彼自身に何か問題があったのではと勘違いする。

そもそも神を封印するために作られたのだから、繫殖能力を省いていてもおかしくない。

赤ちゃんの話でベラがすぐ帰ったことも、その変な勘違いを助長させた。

デリスの優れた遺伝子を残すために頑張ってと、レイリンは一人で応援するのだった。

誕生日パーティーと爵位授与式を控えたレイリンは、領地業務に頭を悩ませていた。

各部署の効率をあげるために新しく人材を迎え入れ、業務支援部署を別に作ったのだが、彼らが活躍するようになると、既存の官僚が彼らを排斥し始めたのだ。

庭園で考え込んでいると、何故か皇宮にいるはずのアシュエルが声をかけてきた。

アシュエルが、今は身分を偽っていると言うので、レイリンは、そうならば大公妃相手に無礼だと、チクリと嫌みを言った。

嫌みを言いあう二人。

その様子を2階の窓から見ていたデリスが、禍々しいオーラを放っていた。

レイリンとデリスは見つめ合い、遠くでもイチャイチャするので、アシュエルはイライラする。

アシュエルはシュタントに執務を任せてあるので、お忍びで皇宮を離れることができるそうだ。

アシュエルが、何を悩んでいるのか、領地経営のことなら相談を受けることができると言うので、大陸統一した彼ならばと、レイリンは、旧ソペンの官僚を職位に復帰させたのだが、その一部が連日爵位がほしいごねているのだと相談する。

アシュエルは、カリアード大公とアルベラ大公には、皇帝の義兄弟と同じ、皇族に準ずる権利を与えてあるから、大抵の爵位は皇帝の承認がなくても与える事ができるのだと説明し、与えたければ与えたらいいと言う。

私の悩みは一体と脱力するレイリン。

アシュエルは、相談を受けた代わりに、タートル丘で発掘された星の欠片かもしれない物を見せてほしいと言うのだった。

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」77話の感想

何故カリーダがレイリンについているかは置いておいて、夫人が助かって良かったですね。

ジニーも母の温もりが恋しくて、泣きじゃくっていたのでしょう。夫人が回復したことで、幸せな家族として回り始めました。

聖女並の活躍をするレイリンが愛する夫、デリスについては、レイリン効果で評判がもっと良くなると思います。

さて、アシュエルがまたシュタントに仕事を押し付けて、ソペン城にやってきました。シュタントが気の毒です。

アシュエルはレイリンの相談を受け、その御礼にと、タートル丘で発掘された物を見せて欲しいと言っていましたが、どんな目的があるのでしょうね。アシュエルのことだから、ペルシルに関わることではないかとは思うのですが。

星の欠片がカリアードを癒やすということを知っているので、癒やしの力が欲しいのかもしれません。でもまさか星本体がレイリンだとは思ってもみないでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください