漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話88話の翻訳あらすじと感想!ネタバレ有り

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマLINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

隔週日曜日に最新話が更新されます。

今回から韓国で公開されているのを翻訳することにしました。

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話88話のネタバレ

何故生き返ったのか、何故私と遭遇したときに何もしなかったのか、アタナシアは混乱する。

一応皇族だから無闇に取り押さえることもできず、確かにクロードと戦って死んだはずの男をどう扱えばいいのか、彼女は必死に考えた。

アルフィアス公爵が、クロードの黒魔法使用を取り上げたので、これが事実だと立証されれば、いくら皇帝とはいえ廃位され罪人になり、皇帝の座が空いてしまう。

クロードが倒れたタイミングで現れたので、彼らの狙いは明確だった。

そもそもこの男がクロードに黒魔法をかけたのではないかと、アタナシアは睨む。

アタナシアが、何故今戻ってきたのかと尋ねると、アナスタシウスは冷静なアタナシアに感心しつつ、既に忘れられた人となっているので静かに国を離れようと思ったが、気になる噂を耳にしたから責任感で戻ってきたのだと答える。

それはアルフィアス公爵が話したバカバカしい噂のことかと、アタナシアが睨むと、アナスタシウスは肯定し、一国の皇帝が黒魔法を使って呪いを受けたという事実を聞き流せるわけがないと答えた。

フィリックスは、根拠もないのに陛下を冒涜するなんてと、殺気立つが、アタナシアがそれを止める。

アタナシアはアルフィアス公爵に、陛下がこの妄言を知ったらただではすまないが、責任をどうとるのかときつく問い詰める。

私が告発できないとでも思っているのかと、怒りで頭に血が上ったアタナシアは、アナスタシウスこそ黒魔法を使っているではないかと言いそうになる。

だが、アナスタシウスを罰したら黒魔法で生まれたジェニットはどうなるのかと思い、言葉にはしなかった。

アナスタシウスは笑みを浮かべ、アタナシアが魔力暴走をしたこと、皇族の魔力は純度が高くて魔力暴走を起こさないことを指摘する。

神獣の存在、神獣とともにいればいつかは魔力が本人に戻ること、これは嫡流の後継者しか知らないことなので、クロードとアタナシアが知らない点を利用することにしたのだ。

そして魔力暴走と不安定さから、アタナシアはクロードが黒魔法を使って作り出した存在なのではと言い出した。

あまりのことに固まるアタナシア。

貴族らは、さすがに言葉がすぎると止めようとするが、一部の貴族は、根拠も無しにあのようなことを言うはずもない、それにアタナシア姫の母親は外国人の踊り子だったから、わざわざ下品な女を近くに置くのには意味があったのではと、邪推し始めた。

アタナシアは、アナスタシウスの汚いやり方に怒り、これまで隠れていたくせに私と父を侮辱するなんてと言い、睨む。

アナスタシウスは、事実でないなら弟が直接証明すればいいだけ、私がここにいることを知れば寝ていてもすっ飛んでくるから、クロードに連絡を入れたらどうかと、挑発する。

クロードが意識がないことを知っているので、この男が仕掛けたのに違いないようだ。

貴族らが、このような事態なのに姫様がまだ皇帝を呼ばないのは、やはり噂は本当なのかと囁きだしたので、アタナシアは、せっかく陛下が休めることができたのに私を親不孝にする気かと呆れたフリをして、侍従に陛下のところに報せるよう指示する。

陛下は休むために魔術師と共にいるから、一緒に来るように伝えて欲しい、宮廷魔術師が来れば真実が明らかになるだろう、何故伯父が生きているのか、死者を蘇らせることこそ黒魔法ではないか、と言うアタナシア。

彼女はルーカスなら気づいて何か対応してくれるだろうと思い、アナスタシウスを牽制する。

アナスタシウスは、その魔術師がルーカスであること、ルーカスであれば『自分』に気づくことができること、貴族らに疑いを持たせる目的は達成したことから、今は退いた方がいいと判断した。

アナスタシウスは、疑問に思われるのも当然だ、お望みであればその日の真実をこの場で話すという。

これ以上貴族達を刺激したくないアタナシアは、会議を続ける意味がないと、全員に退出するように命じるのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話88話の感想

アタナシアの目の前に、とんでもなく厄介な男が現れてしまいましたね。

ルーカスが来ると気づかれると考えていたので、アナスタシウスの中身は、やはりアエテルニタスではないかと思います。

腹の立つ存在のアナスタシウスですが、弟より才能がなく、嫉妬し、何度も暗殺に失敗し殺され、しまいにはアエテルニタスらしい何かに体を乗っ取られました。なんだか虚しい人生ですね。

アタナシアは、ルーカスの名を出すことで、今回はアナスタシウスを下がらせることができましたが、このままでは疑われたままですね。

しかも指摘される前にと、アタナシアが黒魔法の子だと言い始めました。アナスタシウスが黒魔法でジェニットを産ませたようにです。

先に言われてしまったので、アタナシア側が後から指摘しても、衝撃もなければ負け惜しみだと判断されそうです。

なかなか悔しい状況になってしまいましたね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください