漫画「異世界剣王生存記」81話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「異世界剣王生存記」原題・이계 검왕 생존기

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「異世界剣王生存記」81話のネタバレ

頭を潰される夢を見たキビエは、汗だくで飛び起きる。

隣で寝ているはずのラオンデルがいないため、慌てて部屋の外へ向かうおうとすると、エピルがドアを開け、自分たちの武器がなくなったと言う。

その頃、村のあちこちでブラッド・サッカーが発生し、住民らが襲われていた。

光輝が殴って1匹始末すると、分裂し増殖した。

アーティスの火炎魔法で焼却することが可能だが、杖がないため、思うようには倒せなかった。

光輝は暴走して村を破壊してしまうのではないかと思い、オーラを使えずにいた。

そこへキビエが駆けつけ、世界樹で作った剣がオーラを吸収するため、暴走の危険はないと知らせる。

村には200匹ものブラッド・サッカーが湧いていた。

キビエがラオンデルがいないと言うと、それを聞いた村民が、やはりあのエルフが裏切ったのだと騒ぎだした。

光輝は、裏切ったのはお前たちだ、ラオンデルを人質にして王国と交渉する気なのだろうと言い、胸ぐらを掴んだ。

だから武器も盗んだのだろうと指摘するも、村民は武器については知らないようだった。

キビエは、村の人やラオンデルの生死など、決められた使命を全うすること無関係の行動はしてはいけないと、まるで自身に言い聞かせるように言う。

光輝は、それは違う、ラオンデルが死んだら後見人の任務を止めるつもりだから、キビエは使命のためにラオンデルを捜しにいかなくてはならないと言う。

理由を与えられたキビエは、すぐにラオンデルを捜しに向かった。

光輝達も捜しに出ないとだが、杖なしのアーティスは魔法回数が限られていて、エピルは借り物の武器しか無い。

そこで光輝が大量のオーラを放つことで、ブラッド・サッカーを呼び寄せ、一網打尽にするつもりだ。

その頃ラオンデルは、気絶した状態で、キビエの夢にでてきた女性型モンスターによって、世界樹の一部の前まで運ばれていた。

そこへキビエが駆けつけ、彼をどうするつもりか問う。

思ったより早かったと言い、その女性型モンスターは振り返るが、その顔を見てキビエは驚き、目を見開くのだった。

漫画「異世界剣王生存記」81話の感想

光輝のオーラ量が半端ないですね。

あの量のオーラで惹きつけるのなら、村の外まで誘導し、一網打尽にしたらいいのでは。それならほぼ光輝だけで倒せる気がします。

それはさておき、ラオンデルがあの女型モンスターに拉致されていましたね。そしてあのキビエの夢は、これから起きることなのでしょうか。

ラオンデルを、おそらく世界樹の根から生えてきた若い木に運んでいたと思うのですが、ラオンデルをさらうことにどんな意味があるのでしょうね。

おそらく純血種の第二王子はスルーしているようなので、ハーフエルフであることに利用価値があるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください