漫画「皇帝の一人娘」214話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」214話のネタバレ

アヒンは、難しい、でも待つのは得意だから大丈夫だと言う。

リアはどう答えていいかわからず、ただ俯く。

アヒンは微笑むと、手を繋ぎますねと言う。

リアは、これまで手を繋ぐときは自身からだったので戸惑うが、断るのも変だと思い、彼の手に手を乗せる。

小さい手だと彼女の手を握るアヒンの顔から眼をはなすことができず、ずっと見つめてしまう。

手を繋いだまま庭園を散歩し、恥ずかしくて仕方ないリアだが、この夕陽の庭園の景色は忘れることがないだろうと、強く印象に残った。

その後、リアが自室で夜の静寂を楽しんでいると、窓辺にドランステが現れた。

ドランステが、リアがカイテル捜しを成功させると思っていたと言うので、捜すのは大変だったと答える。

一日二日で終わるものではなかったのだが、それでも奇跡的にカイテルを連れ戻すことができたので、ドランステには感謝していた。

ドランステが、リアが勝手に夢に入ったのだから、カイテルはしばらく悪夢に苦しむだろうと言うので、相変わらずのドランステの態度に、リアはイライラする。

夢の中で見たことは現実で起きたことなのかとドランステに訊くと、全てがそうではない、記憶と願い、または恐怖が混ざって表現されたのではと答える。

幼少期のカイテルがいかに孤独だったかを知ったリアは、とても悲しく思ったが、今更どうすることもできなかった。

リアが、カイテルの幸せを願っているのかと訊くと、彼は、カイテルの幸せなど興味ないと答える。

でもドランステは、十数年もの間、カイテルやリアが困ると助けてくれたのだ。

ドランステは、答えがあるのに見逃すお前たちが面白いからと言う。

ドランステの態度に腹を立てるリアだが、ドランステにありがとうと伝え、ドランステも微笑んで返すのだった。

漫画「皇帝の一人娘」214話の感想

リアが恥ずかしがり戸惑うだけなので、アヒンとの関係がなかなか進みません。

それでもアヒンは待つと言っていました。じっくりと愛を育むのでしょう。もうハーベルが入り込む隙間がないですね。

ドランステですが、そうえいばカイテルを戻してから1度も登場していませんでした。201話で登場したきりなので、久々ですね。

リアが言うように、彼はなんだかんだと彼女たちを助けてくれました。彼とも付き合いが長いですね。

ドランステは人間ではないから、カイテルやリアの子孫もずっと見守ってくれるのでしょうか。皇室の守護神のような感じで。そうなったら面白いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください