漫画「皇帝の一人娘」201話のあらすじネタバレと感想

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」201話のネタバレ

カイテルが死に、一人残されてしまうのかと、涙するリア。

するとドランステが、カイテルを目覚めさせる方法が1つあると言う。

教えてとリアがすがると、非常に危険で成功するかわからない、下手するとリアも一緒に死んでしまう方法とのこと。

一瞬戸惑う彼女。でもカイテルが迷いなく自分を助けてくれたのに、たった一人の娘である自分が一瞬でも迷うなんてと考え直し、その方法を試すことにする。

その方法とは、リアがカイテルの夢の中に入り、カイテルを連れてくるというものだった。

ドランステは、カイテルは今戦っている、明日までに目覚めなければ永遠に目を覚まさないだろうと言い、リアにどうするか尋ねる。

リアがやると答えると、周囲の者がざわめく。

既に一度死んでいるから、死がどれほど恐ろしいものか理解しているが、もし死ぬことになっても、決断したのだから構わないと思うリア。

セルイラが止めるが、リアは、守られてばかりで無力な自分は嫌だった。

すると出征前に立ち寄ったアシシが、必ず戻ってこられると約束するなら賛成ですと発言する。

ペルデルも、リアの父のことなのだからと賛成した。

理解してくれた二人の気持ちを有難く思うリア。

ドランステは、カイテルがあのように死ぬのは面白くない、お前が死ぬのも嫌だから無事に戻ってこいと言う。

ドランステは、二人を繋ぐ呪いがなければできない方法だ、リアの母に感謝しろと言い、早速始めることに。

彼がリアの顔に手をかざすと、リアは気を失った。

何かに沈んでいくような感覚がすると、お前の体は眠っている状態になりカイテルの夢に入るのだと、ドランステの声が聞こえた。

カイテルの夢の中は記憶や思考などでごちゃごちゃしているが、その中でお前が本物カイテルを見つけなければならないのだと、彼は話す。

夢の中には多くのカイテルが存在するから、どれも本物に感じるかもしれないが、たった一人の本物をみつけなければならないという。

それは娘であるリアが見極めろということなのだった。

漫画「皇帝の一人娘」201話の感想

カイテルを助ける策が、カイテルの夢の中に入るというものでした。

カイテルの精神の中に入るので、カイテルだらけのようですね。そこから現在のカイテルを探すようです。

一歩間違えば、カイテルもリアをも失い、皇族の血をひくものが、あのシオルンとゼーラントだけになってしまうという危険な方法です。

国を乗っ取られかねない状況ですが、アシシとペルデルは、リアを信じ送り出しました。ドランステもかなり協力的なので、安心できますね。

カイテルの夢に入るとのことですが、一体どんな夢を見ているのでしょうね。なかなか殺伐としているのではないかと思ってしまいます。

でもリアとの生活のおかげで、穏やかな部分もあるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください