漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」69話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」69話のネタバレ

名前を訊かれ、戸惑うアリア。

すると紅い蝶が暴れ、会話を中断させると、森の奥へとアリアを誘導した。

場面は変わり、シャーロット時代の頃。

エルドはシャーロットに、何故末っ子ばかり可愛がるのかと拗ねる。

シャーロットが、もう人間が嫌いではないのかと尋ねると、師匠は好き、他の人は嫌ではないと答える。

それを聞いたシャーロットは、もう心配はいらないなと言い、優しく微笑む。

それがシャーロットとの最後の会話だったので、最後だとわかっていたならあのように答えなかったのにと思う、現在のエルド。

そして自分の計画を邪魔するものは、人間でも人間でなくても、師匠の大事な自分と同じ弟子であっても、容赦はしないと決意するのだった。

その頃、気絶していたエヴァンが目覚めた。

エヴァンはシャーロットの所に行こうと、馬車の壁を蹴破る。

ジェフリーは、行けば後悔する、彼女はここに戻ってくるし、エヴァンがここで待っていることを望んでいるはずだと声をかける。

大人しく座り直すエヴァン。

そんなエヴァンに、マーベルで起きていることはエヴァンと関係しているようだが、師匠をどうしたのかと、ジェフリーは尋ねる。

マーベルの森の奥で、黒い灰が渦巻いて、魔獣を形成していた。

それは災いの時代の魔法で、魔法陣がなくても意思だけで発動するという、魔族が使っていた古代魔法だ。

驚愕しながらその様子を見ていた魔術師達のところに、紅い蝶のまみれたアリアが現れ、手強いが発動者がわかれば倒せると言う。

アリアは紅い蝶を通してエルドに呼びかけ、お前なら簡単に探せるだろうと言う。

そして、妖精たちは繋がっているからお前は全て知っていたはず、私を見つけても姿を見せないのは私に失望したからかと言うと、紅い蝶が集まり、赤い大きな妖精となって、アリアを魔獣から守るのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」69話の感想

助けた青年とは、特に交流もないまま、すぐに移動しましたね。彼とはまたどこかで再会するのでしょうけど、何者か気になりますね。

アリアに惚れたようですが、ジェフリーとエヴァンの争いに混ざることはできるでしょうか・・・難しいですよね。ファンで終わりそう。

さて、エルドですが、彼女は自分の計画を邪魔する者は何者であっても容赦しないと言っていましたが、計画とは何でしょうね。人間嫌いは直っているようなので、人間を滅ぼすとかではなさそうですが。

特にエヴァンが邪魔なようですが、エヴァンのようにシャーロットを独占しようとするのが計画の障害になるのかもしれませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください