漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」68話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」68話のネタバレ

魔獣が移動を始めたので、計画が狂ってしまったと、イライラするジュディス風エルド。

声をかけてきた魔術師に今後の指示を出し、さっと消えた。

その頃、森の中が、貴族の青年の馬車が盗賊に襲われ、金品を奪われていた。

このようなことをしてタダで済むと思うなと、拘束された状態で怒鳴る貴族の青年。

盗賊は、護衛をろくに付けない状態で逃げる方が悪い、ここでお前らが死んでも魔獣の仕業として処理されると言い、青年を蹴った。

そして、苦しまないように一思いに殺してやると言い、剣に手をかける。

青年はその紫の目で、盗賊を睨みつける。

すると盗賊は、突然現れたアリアに蹴られ、倒れた。

盗賊は突然のことに驚いたが、集団でアリアに襲い掛かるのだった。

一方、カルシリオンの魔法によって貫かれたローブの男は、本体ではなかったので、大魔術師の弟子は師匠には及ばないようだとか、人間であるシャーロットの寿命を嘲笑ったので、ユリアンに踏みつけられ消滅した。

本体で無いものにエヴァンを渡しても渡さなくても状況は変わらない、他に対策を講じないのは他に何か手立てがあるのかと訊くユリアンに、カルシリオンは、エルドの蝶を見かけたと言う。

そんな中、シャーロットがずっと見つからなかったので、師匠はもう皇城にいないのではとダンが指摘すると、2人は固まる。

その頃アリアは、体術で次々と盗賊を倒していた。

貴族の青年は、アリアを覆う美しい黄金のマナが見えていた。

盗賊の一人が爆破魔法を使ったが、アリアが防壁を張ったので皆無事だった。

盗賊を倒し切ったアリア。

そこへエルドの蝶が飛んできたので、エルドがこの様子を見ていたことを察する。

アリアに助けてもらった貴族の青年は、彼女のローブを掴み、頬を染めながら、名前を教えて欲しいと言うのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」68話の感想

そういえば、アリアが猫化したことで、ダンとユリアンは彼女を見失い、捜し回っていましたね。

そしてダンの言う通り、既に皇城にいません。馬車の中でもなく、森の中でした。

森の中で、高位貴族の青年を助けましたが、青年は瞳の色からして皇族っぽいですね。カルシリオンの孫とか?髪色をみると、カルシリオンの兄ライシリンに似ています。

彼はアリアに一目惚れしてしまいました。彼が皇族なら後々面倒くさいことになりそう。

そして彼女に言い寄ったことを知ったら、変な虫がついたと、弟子たちが面倒くさいことになりそう。

隠れてクラウスに移動中のアリアは、彼に名前を教えるのでしょうかね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください