漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」26話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」原題・록사나:여주인공의 오빠를 지키는 방법

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」26話のネタバレ

ラントは、リシェル・ペデリアンの目の前で息子の死を見せてやればよかったのだと笑う。

しかし今回の侵入者がペデリアンでなくて残念だったと言う。

ロクサナは、それでもカシスはしぶとい人間だから毒蝶のいい栄養になった、虫けらのようなペデリアンには光栄なのではと話すと、ラントは満足そうに同意した。

その後、ロクサナは、誰も部屋に入れないようにエミリーに言いつけ、自室に戻ったが、ドアが閉まり1人になると、膝から崩れ落ち吐血した。

苦しみながらも、カシスは無事黒の森まで抜けただろうかと考える彼女。

今日のためにこっそり育てた幻覚能力を持つ毒蝶を使い、カシスが死ぬ光景を皆に見せたので、大丈夫だろうと考える。

カシスが追跡されることなくアグリチェ領を抜けるには、ロクサナがカシスの監督を怠った罪に問われないためには、彼が邸宅から消えたという事実を誰にも知られてはならなかったのだ。

彼らが無事に逃げ出せるように、予め待機させていたペデリアンの部下周辺と、黒い森に繋がる秘密の通路の入り口にも、魔獣を襲うようにした殺傷用の蝶を配置していた。

些細な火傷を治療してくれた心優しいカシス、彼があの森では死なない気がすると、ロクサナは微笑みながら夜空を見上げる。

すると、デオンがエミリーを倒し、無理矢理部屋に入ってきたので、ロクサナの気分は急降下する。

デオンは、ロクサナがカシスを黒い森に逃がしたことに気づいていた。

毒蝶についても、幻覚用の蝶だと見抜く。

ロクサナは、妄想だと言い返すが、デオンは、妄想ではないことはよくわかっているだろうと言う。

一度、北の境界に捜索隊を送ろうか、ロクサナの目の前に引き裂かれたカシスの死体を置くのも悪くないと言い、デオンはロクサナの毒蝶を握りつぶすのだった。

漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」26話の感想

アグリチェ家皆殺しを避けるために、カシスの脱出を手伝ったロクサナですが、あれほど命を削ってまで彼を助けようとするのは、他にも理由があるのでしょう。

否定していても無意識に兄を重ねて見ているのか、純粋にカシス自身に惹かれているのか。そこにデオンは入り込めないのでしょうね。

ラントはあまり深く考えるタイプではないのか、ロクサナにまんまと騙されていますが、彼女に執着しているデオンは違います。

デオンはロクサナの泣き顔が見れるなら、カシスを殺しに行くのを匂わせていますが、ロクサナはどうするでしょうね。

脅しはしたものの、デオンは彼女の気を引いているだけで、彼女の心を揺さぶることのできるカシスを簡単に殺したりはしないとは思います。

普通の恋愛の三角関係ではなく、常に死と隣り合わせなのが面白いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください