漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」14話のあらすじネタバレと感想

※全エピソード一覧はコチラ

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

ヒロインの腹違いの姉アンシアに憑依してしまった主人公が、自分は結ばれないと知りながらも、別れるその時まで、推しのキャラクターの怪物皇太子ブレイクを守ろうと奮闘する異世界恋愛マンガです。

毎週日曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」14話のネタバレ

いつものようにアンシアはブレイクの入浴を手伝ったが、ブレイクは彼女をまっすぐ見ようとしないし、お腹を隠す。

もうすぐお釜ができるから美味しい料理を作ると言ってみるが、その反応もイマイチ。

どうやらこの前アンシアが皇帝に言った言葉が気になり、筋肉質になりたいようだ。

今のままの殿下が好き、かわいいと言うと、ブレイクは、赤ちゃん腹じゃないと言い返す。

アンシアは、すねたブレイクをなだめるためにくすぐると、元気な殿下が好きだから明日もご飯をいっぱい食べてほしいと言い、抱きしめる。

私より大きくなりたいなら沢山食べてくださいと言うと、ブレイクは、わかったと、目を輝かせて答えた。

その頃、皇帝テステオンは皇太子宮に忍ばせた影・銀漢に、ブレイクとアンシアの様子を尋ねた。

皇帝が暗黒の門塞ぎのために不在だった1ヶ月の間についても、アンシアはブレイクによく尽くしていたようだ。

何より、この前見たブレイクの様子が以前とは変わり、目には活力が戻り、しっかりとアンシアの手を握っていたのだ。

コリンの報告書でも、銀漢からみても、アンシアは評価された。

銀影は、宮人たちの嫌がらせの有無と、皇帝が光の力を使ったときにブレイクの呪いが悪化するかもしれないので、治療するために身を隠して皇太子宮を監視していたのだが、いつの間にかアンシアだけを見つめるようになった。

綺麗で賢く、温かい彼女がもし自分の傍にいたら、自分の人生も変わったのではないかと、羨ましかったのだ。

テステオンは、銀漢までそう言うのならと納得し、久しぶりにホッとするのだった。

一方、皇太子宮では、アンシアが発注した釜が届いたので、アンシア、ブレイク、メリッサ、エドワードで確認した。

アンシアが早速釜で調理しようと言うと、メリッサは慌てるが、ブレイクも手伝うと言うのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」14話の感想

ついに釜が完成しましたね。宮殿で使うサイズだからか、かなり大きいです。

これで美味しいご飯が炊けるし、料理の幅も広がりますね。ブレイクの胃袋掴みまくりです。

ブレイクは、男らしい体になろうと一瞬彼女の手料理を拒否しましたが、アンシアが上手く誘導しました。これからも沢山食べてくれるそうなので、すくすく成長するのでしょうね。

テステオンはブレイクを守るために、誰にも気付かれないように探らせていました。皆に評価され、息子を変えてくれたアンシアを、皇帝は認めてくれたようです。アンシア本人はまだ知りませんが、一安心ですね。

あとはテステオンの崩御を回避しなくてはなりません。死因は病気ではなさそうなので、事故か暗殺でしょうね。

今回は銀漢という新キャラクターが登場しましたね。黒髪に紫目の少年でした。人の温かみを欲しているようなので、複雑な環境で育ったようです。アンシアに興味を持ったようなので、ブレイクのライバルになるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください