漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」3話のあらすじネタバレと感想

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

ヒロインの腹違いの姉アンシアに憑依してしまった主人公が、自分は結ばれないと知りながらも、別れるその時まで、推しのキャラクターの怪物皇太子ブレイクを守ろうと奮闘する異世界恋愛マンガです。

毎週日曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」3話のネタバレ

ブレイクの声が泣きそうだったので、どこにも行かない、布団を持ってこようとしただけだと、アンシアは説明する。

すると恥ずかしがってベッドの端に移動してしまった。

一緒に寝るのは嫌なのかと訊くと、自分のような怪物と一緒に寝ても平気なのか心配だったそうだ。

殿下は怪物ではない、美しいと言い、彼の手をぎゅっと握るアンシア。

そして、18歳になれば殿下の呪いは必ず解ける、幸せな毎日を送れるから、弱音を吐かないでと話す。

ベラシアン家に光の継承者がいるように、ゼラシリオン皇室には呪いの継承者がいた。

帝国を建国したフィリップは、光の女神と恋に落ち、彼女から分けてもらった女神の力で建国したが、皇帝になると光の女神を裏切り、別の女性と恋に落ちた。

激怒した光の女神は、フィリップの子孫に解けない呪いをかけた。

呪い継承者は顔に黒い模様が刻まれ、それが全身に広がると死に至るのだが、全員成人する前に死んだ。

だからブレイクも18歳の成人になる夜に、死の直前まで追い込まれるのだが、ヒロイン・ダイアナと出会うことで解呪できる。

アンシアが、ブレイクは絶対に呪いに負けない、命をかけて約束すると言うと、ブレイクは、俺が死んでもお前は死んではだめだと、動揺して震える。

アンシアは、自分も殿下もしなないと微笑む。

ブレイクは幼子のように泣くので、アンシアは彼を抱きしめる。

2人は手をつないだまま眠ってしまい、朝を迎える。

ブレイクはずっと傍にいてくれたアンシアに微笑む。

そうしてブレイクと数日一緒に過ごしたアンシアは、ブレイクがほぼ部屋からでないこと、食事が野菜ばかりで、しかも古いものが出されていることに気づいた。

幼い上に、呪われた怪物皇太子だからと、ブレイクを馬鹿にしているようだ。

そこで、皇太子宮の侍従長であるハーメル侯爵家の長男を、アンシアの部屋に呼ぶよう指示するのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」3話の感想

フィリップ皇帝が浮気者だったせいで、子孫にまでとんでもない呪いが・・・

フィリップはあれかもしれませんが、それで関係のない子孫まで強烈に呪うような光の女神も、どうなのかと思います。光だからといって、慈愛に満ちているわけではないのですね。

だからヒロイン・ダイアナも、別に聖女のような人物ではないのかなと思ってしまいます。むしろ献身的なアンシアの方が聖女に近い存在になるのでは。

今回、ブレイクの環境があまり良くないことがわかりましたね。アンシアは侍従長を呼びつけ、改善するよう命じるのでしょうけど、幼い彼女の言うことを聞いてくれるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください