漫画「悪役のエンディングは死のみ」18話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」18話のネタバレ

公爵は、皇宮で何が起きたのか、皇太子何があったのか、詳しく話が聞きたいとのこと。

ペネロペは、道に迷ったところに皇太子に遭遇したが、機嫌が悪かったようだと答える。

機嫌が悪いだけで公爵家の令嬢に剣を向けるものかと、公爵は怒るが、自分にも落ち度があるから言うペネロペ。

公爵は、皇太子に傷をつけられたことで、いつか鼻っ柱を折ってやりたかった皇太子に貸しを作ることができたといい、ペネロペをエカルトの一員として認める。

カリストは直系だが、皇后陛下が亡くなってから支持者が減り、しかもカリストが参戦している隙に第二皇子の母が皇宮を半ば掌握してしまったため、どちらが皇帝になるかわからなくなった。

そのように情勢が乱れるほど中立で有り続けるのは難しいが、今回の件は中立派であるエカルト家に有利に働く。

公爵は褒美を与えると言うので、ペネロペは少し考えると答えた。

カリストに傷つけられたことで、褒美と、公爵家の人間関係が改善された分の名声ポイント+5を得た。

ペネロペが部屋に戻ると、倒れた日に傷口に当てていたハンカチだと、エミリーが洗ってきれいにした状態で持ってきた。

ペネロペが何の気になしに、ありがとうと言うと、エミリーは頬を赤くし喜ぶ。

ハンカチは攻略対象のヴィンターからもらったものなので、宝石商を呼んでお礼をしようと思いつく。

その際、エミリーから来週は建国祭だと聞き、残りの攻略対象・騎士のイクリスについて考える。

ハードモードではイクリスに出会ったことがなく、ノーマルモードでは公爵が彼を連れてきたという話がでただけだが、祭りの期間中だったことを思い出し、公爵より先に彼を見つけようと決める。

カリストとの一件で試しに死ぬことはできなくなったので、見込みのあるイクリスを集中して攻略することにしたのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」18話の感想

公爵やデリック、レナルドも、エカルト家に誇りをもっていて、軽んじられるのを心底嫌っています。

家門を大事にする公爵は、血統ではないペネロペを養子にしました。

公女が失踪したというのは大スキャンダルなので、弱みを握られないよう、カモフラージュのための養子なのでしょうけど、今回、血筋でも何でも無いペネロペを一員として認めたのは、かなりの評価ですよね。

死亡フラグでしかなかったカリストとのイベントが、全てプラスに働いています。ペネロペはもう彼に会いたくないでしょうけど、選択肢を使わず、主人公自身で彼に接すると、良い方向に話が進むのでは。

さて、最後の攻略対象の騎士イクリスを捜すことになりました。5話に書いてありましたが、攻略して一番生き残れそうなのが彼なのですよね。

建国祭で人が賑わっている中で捜すのは大変でしょうけど、なんとかして見つけ出して、死亡を回避できたらいいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください