漫画「悪役のエンディングは死のみ」17話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」17話のネタバレ

寝ぼけているペネロペは、レナルドに向かって、本当に大嫌いだと言い、また目を閉じた。

4日ぶりに目覚めたペネロペに、エミリーが、公爵や坊ちゃま達がとても心配していたと話す。

倒れたペネロペをデリックが真っ青な顔で抱きかかえ、公爵は名医を集めろと騒ぎ、レナルドは皇宮に乗り込もうとしていたと言う。

そんなことを言われてもしっくりこないペネロペ。

その後、ペネロペの言いつけを守り部屋には入ってこなくなったペンネルから、公爵が呼んでいることを聞く。

皇宮で騒ぎを起こしたから何か言われるかもしれないと考えながら、公爵の執務室に向かう。

ペンネルはこの前から態度を改め、ペネロペの前を歩くことはなかった。

ペンネルが変わったことで、他の使用人の態度も変わってきた。

執務室に入ったペネロペは、公爵に何か言われる前に先手を打って、騒ぎを起こしたことについて、膝をついて謝罪した。

だが公爵に止められ、この手はもう通用しないのかと焦る彼女。

公爵は、エカルトはいかなる場合でも膝をついてはいけない、皇族であってもエカルトの人間を跪かせることなどできない、早く立てと怒鳴る。

慌ててペネロペが立ち上がると、公爵は、呼び出したのは責めるためではないと言うのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」17話の感想

4日も気を失っているなんて、長かったですね。みんな心配するのも仕方ない。

地球の兄の夢をみたせいで、ペネロペはレナルドに、大嫌いだとしっかり伝えていましたね。寝ぼけていたとはいえ、貴方が思う何百倍も嫌いだとみっちり伝えていました、

レナルドはどんな気分になったのでしょうね。自分がペネロペを歪めたのを知っているから、返す言葉もないのでしょうけども。

好感度が10%未満でも、みなペネロペの心配をしてくれたようです。主人公のイヴォンだったら30%スタートなのですが、一桁でこれなら30%だと盲目的に信用してくれそうですね。

さて、公爵に呼びだされたペネロペですが、責められると思いきや、別の理由があると言われます。どんな話なのか、カリストから何か話があったのか気になりますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください