漫画「盗掘王」168話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」168話のネタバレ

クロエは契約書にあれこれ文句を言っていたが、最終的にはサインした。

すると、ノアからの連絡でクロエの携帯がなったので、遼河は即座に携帯を取り上げる。

彼らはクロエをTKBMに売り渡そうとしていたのだ。

現在のノアの実権者は、後に医療王となるベンジャニと言う女性だ。

彼女は遺物反対活動をしながらも、自身は多くの遺物を集めていた。

世界を元に戻すために使いたいと言ってはいたものの、最終的には独裁者側につく。

王クラスになるために、TKBMにクロエを差し出す予定だった。

ならばと、遼河は暴言を送信してブロックする。

その頃、三橋は風呂で寛いでいた。

総帥が現れ、洗脳遺物の1つが遼河によって破壊されたことを教える。

三橋は怒ることもなく、むしろ自分のライバルが有能で嬉しく思っていた。

一方、柳は大河原会長が入院している病院に到着した。

会長に呼ばれるまでしばらく待つように指示された柳は、一人になるとどうしたらいいのかとパニック状態に。

カバンから荒縄が出てきたが、人間になろうとしたのか、すりおろしたニンニクにまみれていたので、柳はカバンに詰め込む。

準備が終わり、TKBMの社員が柳を呼びに来た。

緊張しながら病室に入ると、大河原会長の子供達、ヤン・チェン、今にも死にそうな大河原会長が待っていた。

大河原会長は死にそうではあったが、アキレウスの鎧が守っていた。

すぐに始めるように指示された柳は、監視の目が集中するなか、医療系遺物にみせかけた呪い遺物を取り出そうとする。

柳が鞄に手を入れると、何か変だと、荒縄が柳の手を止める。

だが不審に思われてしまうので、柳は荒縄に離れてもらい、呪い遺物を取り出す。

3分で終わらせることができると言い、柳は大河原会長に呪い遺物を使おうとする。

だが柳も何かおかしいと感じ取った瞬間、大河原会長もどきは柳の腕を掴み、爆発するのだった。

漫画「盗掘王」168話の感想

大河原会長本体が爆発するとは思いませんでした。文にするとシュールですね。

クロエが本物ではないことがバレていたのでしょうか。TKBMの部下と大河原会長爆弾以外、全く動いていませんでしたね。柳のように贋作遺物を使って、事前に準備していたようです。

TKBMは相変わらずですが、遺物反対論者のノアも大概でした。本当に世界を思って動いているのは、ユリアンぐらいなのでは。今のユリアンは記憶が戻ったせいで、以前の正義マン感はありませんが。

危うくクロエはTKBMに身売りされるところでしたね。柳が行って正解でした。

柳は爆発に巻き込まれてしまいましたが、荒縄がいるからなんとか回避できているのではと思います。無事にTKBMから脱出できるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください