漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」114話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이

毎週月曜に最新話が公開されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」114話のネタバレ

一年半ぶりに再会したが、エメルは何一つ変わっていなかった。

エメルとは知り合いですと言うと、エステルの手は大きく震え、ティーカップを落として割ってしまった。

エステルは手から血を流してしまったので、わざとらしく駆け寄るアイリス皇女。

帰ってもいいかとエステルが訊くと、アイリス皇女はニヤっと笑い、許可する。

エメルは、気まずそうにエステルの後姿を見送り、ぎゅっと拳を握り締める。

エステルが血を流して出てきたので、ロイは慌てる。

だがエステルに、知っていたのに何故エメルがレイモンド侯爵だと教えてくれなかったのだと指摘され、誓いなど要らない、ウルフ騎士団に戻ったらと拒絶される。

エステルは、手を治療しないままカスティージョ家に戻り、何故教えてくれなかったのかと、公爵に文句を言った。

公爵は、何故お前に教える必要があったのかと答える。

エステルにとってエメルは自分の護衛騎士で、ずっと心配していた存在だというのは、公爵も知っていたはずだ。

エステルは、エメルのことも、魔導士のことも、誓約のことも、何も私に教えてくれないと言い、乱暴に部屋を出る。

アルファがエステルの怪我を癒すと、エステルは、家出するために、皆に自分の姿を見えなくするように頼む。

夜中に家出したエステルが向かった先は、マクギランの屋敷だった。

リリアやシャシャの所では、すぐにバレてしまうからだ。

マックは例の精霊の歌をほぼ完成させていた。

ベランダから入ってきたエステルを見て、自分は夢でも見ているのかと言う彼に、家出したと気まずそうに話す彼女。

マックに理由を訊かれ、好きだった人がいたのだけどと話し始めると、まだエメルのことが好きなことを自覚し、エステルは涙が止まらなくなった。

エメルがレイモンド侯爵だともっと早くに知っていたら、これほど惨めにならなかっただろう、皆が教えてくれなかったことに怒っているわけではなく、今はただ泣きたいと思う彼女。

マックは泣く彼女を抱きしめるが、彼は高熱を出していて、そのまま倒れてしまうのだった。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」114話の感想

エメルを見たエステルがひどく動揺したことで、エメルも心配して声をかけようとしていましたが、アイリス皇女がそれを遮りました。その行動がとてもわざとらしく、今回エステルをやりこめたことで、随分いい気持ちになったのではないでしょうか。

でもエメルが、そのようなアイリス皇女に惚れることなどないと思うので、いくらアイリス皇女が頑張っても、彼の気持ちはエステルにあるはず。エステルは知らないので、ただ酷く傷ついただけですが。

このことを事前に知っていたら、まだここまで傷つくこともなかったのに、人の気持ちがわからない公爵はともかく、ロイはエステルに伝えるべきだったのでは。護衛を外されても仕方ないほど、彼女を傷つけてしまいました。

傷ついたエステルが向かった先は、まさかのマクギラン邸です。精霊士のエステルと、精霊の歌を再現できる彼は、意外に気が合うのかもしれません。

夜中に突然現れたエステルを、騒ぐことなく受け入れていましたね。彼女が思い切り泣けるよう抱きしめるという、意外にも思いやりもありました。そこでいい男になるのではなく、高熱で倒れてキマらないあたりが彼ですね。

マクギランのようなマイペースな男性であれば、エステルは変に気を使わずに、安心して傍にいられるのかもしれません。友人としてでしょうけども。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください