漫画「外科医エリーゼ」最新話138話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、コチラ

漫画「外科医エリーゼ」最新話138話のネタバレ

リンデンが音のした方に向かうと、地面に落下死したと思われるアムセルの亡骸を見つけた。

アムセルの顔は安らかなものだった。

その後、報告を受けたクリスが慌ててリンデンの執務室に入った。

リンデンは俯き頭を押さえ、今すぐロイヤルガードと騎士団を移動させろと命じる。

既に証拠も揃っているのだから政変を待たずに貴族派を全て捕まえろと言うので、クリスは驚き、ミハイル殿下の剣騎士団の存在がひっかかるので、もう少し落ち着いて考えるよう進言する。

ミハイルの名を聞いたリンデンは、おもむろに壁に飾られていた長剣を手に取り、マリエンの首を斬り落としてやると狂気に駆られた。

母と姉の命を奪ったアムセルの謝罪と死に、リンデンは動揺し、ふざけるなと一人で怒鳴った。

母と過ごした幼い頃、皇帝ではなく音楽家になりたい、音楽で人を幸せにしたいと語るリンデンに、レベッカ皇后は、リンデンが幸せなら何になってもいいと優しく話してくれたことを思い出す。

優しい母の記憶を思い出したことで、怒りがなかなか収まらないリンデン。

エリーゼに言われたことも、受け入れることができなかった。

マリエン皇妃の宮を歩き回っていたリンデンは、気が触れて体中ボロボロになったマリエン皇妃を見つける。

リンデンは怒りに任せ、マリエン皇妃の首を切り落とそうとする。

だが駆け付けてきたエリーゼの声で止まった。

リンデンは、エリーゼと目が合うと剣を落とし、許さなければいけないのか、どうすれいいのだと涙を流す。

エリーゼは彼を抱きしめ、許さなくていいが、苦しまないで欲しいと言うのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話138話の感想

やはりアムセルは落下死していましたね。

手術直後で無理をしたせいで落ちてしまった事故なのか、余命僅かだから自分の命で償おうとしたのか。話の流れ的に後者なのでしょうけど、リンデンからすればいい迷惑でしかないでしょうね。

リンデンからすれば、母と姉の名誉を回復させ、アムセル達貴族派が公の場で心から謝罪し、正当な裁判を行ってから、ようやく気持ちに区切りがつくのではないでしょうか。

一方的に謝られていきなり身投げされたのでは、リンデンの精神的苦痛が増すだけです。

とうとう彼はマリエンを殺そうとしましたが、マリエンは既に精神が壊れていました。マリエンは、片思いが報われなかったあげく、2人の命を奪ってしまい、結局、失うことはあっても何も得ることがなかったので、悲惨な人生だったと思います。

ここでリンデンが怒り任せに殺してしまったら、リンデンの心も壊れてしまいそうだったので、エリーゼが間に合って良かったです。

貴族派筆頭のアムセルが亡くなったので、これで対立は収まるでしょうか。ミハイルはどう動くのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください