漫画「盗掘王」162話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」162話のネタバレ

クロエは過去で、遼河達の発掘団の専門医師で、ナイチンゲールの遺物使用者だった。

遺物のせいで世界が荒廃し、健康的な問題を抱える者が多かったので、遼河達発掘団のメンバーはクロエによくお世話になっていた。

だが今は何故かテロリストと手を組んでいるそうだから、会って話がしたかったのだが問題が起きてしまった。

雪が監視をしていたが、突然気配が消えてしまったのだ。

遼河は、クロエは監視に気づいていたのだろうと言う。

雪の監視から逃れることのできる、使える隠身遺物と実力をもっているようだ。

遼河はユリアンに連絡し、クロエをどう発見して見失ったかを説明し、クロエを探すよう指示する。

ユリアンは、大河原会長が体がボロボロになったために、医療遺物使用者と交渉中のニュースを教え、もしかしたらクロエと連絡をとっているかもしれないから、早く見つけだした方がいいと話す。

クロエがテロリストの仲間だとすると、TKBMとグルの可能性がある。

大河原会長に渡すわけにはいかないので、傲慢の墓を先送りにし、先にクロエを確保しなければならない。

遼河と雪が作戦会議をしている中、セトがベッド上で寛いでいるミミズの前に立つ。

荒縄がひどく落ち込んでいるので、どうにかして人間化できないかと聞きに来たのだ。

ミミズが言い訳してばかりなので、セトは激怒し、追いかけまわす。

ついにセトに噛みつかれたミミズは、人魚姫の魔女の秘薬、という貝型の遺物を出した。

セトがそれを荒縄まで持っていくと言うので、前回渡した、桓雄がくれたヨモギとニンニクを返して欲しいと言うも、セトは無視した。

そうしてセトが、荒縄に人魚姫の遺物を渡すと、荒縄は大興奮して走り去った。

その頃、TKBM本社では、優れた医療遺物使用者がテロリストの中にいたはずだと、ヤン・チェン主導のもと社員が調査していた。

TKBMの医療系遺物まで奪っていったその人物が、クロエ・ロランだと判明し、しかも遺物反対論者の集団・ノアに所属していることがわかった。

遺物反対論者は、世界を遺物がはびこる前に戻そうという集団である。

遺物と遺物死傷者を排除するために、テロも躊躇わない過激な集団なのだそうだ。

TKBMと敵対する可能性があると社員が説明すると、ヤン・チェンは、そのような奴は丸め込むのは容易いから、力でねじ伏せてやると言い、怪しげな笑みを浮かべるのだった。

漫画「盗掘王」162話の感想

クロエはナイチンゲールの遺物使用者なのですね。偉人系は高ランクなのでしょうね。

ですが現在は、遺物反対論者集団ノアに所属しているそうです。遺物使用者に対抗するために、遺物は所持していると思いますが、あまり好んでは使わないでしょう。さらに遺物を集めまくりの遼河と敵対するかもしれません。

ヤン・チェンは、そんなクロエ相手に何故か自信があるようですが、また痛い目みるのでは。かなり怪しいギラついた笑みを浮かべていたので、人質で脅すとか、非道なことをするような気がします。

大河原会長は、自身の体を守っていた帰属性遺物まで失ってしまったので、回復に時間がかかっているようです。このまま大人しくしていて欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください