漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」79話のあらすじと感想!ネタバレ有り

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマLINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」79話のネタバレ

クロードはかなりの努力家だと、ルーカスが言うのだが、アタナシアはピンとこない。

でも確かに補佐官などおかずに一人で執務をこなし、各行事にきちんと正装しているところを見れば、単なる暴君だとは思えない。

かといってクロードを表現するとしても、自分の父としか言いようがない。

そんなことを考えながらクロードを見つめていたので、クロードに何だと訊かれてしまう。

勉強がわからなくてと誤魔化すと、クロードは自分の机から、横づけされているアタナシアの机に向かい合うように移動した。

そして勉強を教えてくれ、年齢のわりにはできる方だと言ってくれるクロード。

最近クロードはアタナシアに良くしてくれるが、記憶が戻ったわけではないようだ。

冷遇していた罪悪感だろうかとも思う。

クロードはアタナシアに、ここまで勉強しなくてもいいのではないかと言うと、アタナシアは、できると面白いし、褒めてもらえるからと、ニコっと笑いながら答える。

クロードは、少年時代に兄に勉強を褒めてもらったことを思い出す。

アタナシアが、勉強は好きかと聞いてくるので、好きでも嫌いでもないと答える。

それはパパが最初から何でもできるからだ、パパのようになりたくて最近ルーカスから魔法を教わっているが、パパが猛練習したからできるのだと言うのだけど、想像ができないと話すアタナシア。

ふと、最近練習している魔法を見せるといい、教科書を浮かせた。

だが暴走し、ページが吹き飛び、クロードに何枚かぶつかる。

紙が無残にも散らばったので、気まずくなり謝るアタナシア。

クロードは魔法で紙を戻すと、魔力を押し込めるのではなく包み込むように使うのだと教える。

言われた通りにやってみると、成功した。

ありがとうとアタナシアが微笑むと、クロードも微笑む。

クロードの笑顔を見て、目を開くアタナシアは、パパの娘ですしと言うと、クロードは記憶が蘇っていないのに頭痛が起きてしまった。

あまりの痛みに、邪険にアタナシアを追い払う。

その夜、クロードは酒を飲みながら、自分の戻らない記憶について考えていた。

アタナシアのことは覚えていない。

記憶の中にあるのは、血まみれのおくるみに包まれた赤ん坊だが、その子を認めようとは全く思わなかった。

だが殺すこともできず、感情を失くしその存在を忘れるために、禁断の術にまで手を出したのだ。

完全に捨てたはずのその子供がどうして傍にいるのだろうか、何度も追い払っても、諦めることなく、自分を見つめてくるアタナシアを思う。

それは、どんなに脅されても私は陛下のものだから立ち去らない、とクロードに全く折れることなく微笑むダイアナの、不埒な部分までそっくりだと思うのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」79話の感想

アタナシアもクロードも努力家ですね。しかもアタナシアは勉強を楽しんでいるので、もっと伸びそうですね。

それはさておき、クロードが随分と父親らしくなりました。記憶を失って以来、あれほど柔らかく微笑んだのは初めてではないでしょうか。

幸せな時間は頭痛で中断されてしまいましたが、アタナシアはホッとしたでしょうね。ずっとこのまま続けばいいのですが。

クロードは黒魔法に頼らなければいけないほど、ダイアナを愛していました。原因となった赤ん坊を殺してしまえば、ダイアナの犠牲が無意味になってしまうので、相当辛かったでしょう。

不慮の事故でダイアナを失ったのならまだしも、ダイアナにクロードは選ばれなかったと思ってしまうと、選ばれたアタナシアが憎くて仕方ないでしょうね。

でも、そこまで思い出していても、やはりアタナシアは愛しい存在のようです。以前の幸せな記憶は失われてしまいましたが、また新しく思い出を作っていくことができそうで何よりです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください