漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」106話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」106話のネタバレ

彼は、手枷も拘束呪術も全て解除され、武器まで戻された状態で解放された。

レナの考えがわからない彼。

その後、ルビアとアイザックと合流する。

彼が遅いので、彼女達は先に宿をおさえていてくれた。

拉致されたことを教えて、ルビアを不安にさせることもないと判断した彼は、競売の話を聞いていたと誤魔化す。

ケビン・アシュトンの情報は得られなかったが、ル・リウムについては競売に勝てば教えてもらえるようだと説明する。

アイザックは、そういうことなら競争相手がどんな人物か把握しなくてはいけないと言う。

それは自分達で調べなければならないが、方法は白い弓で釣るのだそうだ。

白い弓については、アイザックとルビアは理解しているが、彼には全くわからない。

知恵の数値が上がっても、スキルの持続時間が増えるだけで、実際に賢くなるわけではない。

ルビアが、ル・リウムのある場所には白い虹がかかるという言い伝えを使って、相手をおびき出すのだと説明する。

白い虹を広めるのは、ルビアが行うことに。

彼とアイザックは、物陰から彼女を見守る。

ルビアが心配でたまらない彼に、まさか帝国からルビアを狙って剣主でも来るとでも思っているのかと、指摘するアイザック。

その言葉でレアンドロを思い出してしまう彼。

剣主は上流階級を悩ます問題解決のために多忙なのだから、わざわざ女一人殺しになどこない、無駄な心配をするなと、アイザックは呆れる。

一方ルビアは、とても自然に白い虹を見たという噂を広めた。アイザックの呪術も使った。

夜まで動き回り、噂も十分に広めることができた。

ルビアは、道端で座り込んでいる少年を見つけ、良ければとパンを差し出す。

少年が受け取ろうとすると、軽い気持ちで同情するなと、屋根に座っていたレナに声をかけられる。

彼はレナの登場に驚き、後をつけられていたのだと思う。

しかもアイザックに指摘され、レナがル・リウムの競争相手だと知るのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」106話の感想

レナは彼を泳がせていたのですね。追ったのは彼か、白い虹を広めるルビアなのかはわかりませんが。

ルビアは本当に博識で、才能あふれる人物ですね。アイザックとの関係も良好だし、彼とアイザックの仲をとりもってくれます。

サーバントシステムで彼の能力値をあげることができるし、戦闘ができないだけで、かなり有能な人物です。

さて、ル・リウムの競争相手がレナだと判明しました。なんということでしょう。強敵すぎますよね。全く知らない人だったら良かったのに、レナを出し抜くことなんてできるのでしょうか。

・・・協力するのは難しいでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください