漫画「皇帝の一人娘」208話のあらすじネタバレと感想

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」208話のネタバレ

そもそもカイテルはシオルンを殺すために皇帝になった。

皇帝になった後は、アグリジェントをシオルンに奪われないために、国中を見て回った。

皆が国のことを考えていないのは理解していたが、まさか自分の上に立つ、唯一の存在である皇帝までもそうだとは思わなかった。

シオルンを殺したところで、カイテルは国のことを考えたのだろうかと思い、そして答えは、いいえ、だった。

リアが拉致されたとき、カイテルは宰相であるペルデルのことを、帝国と皇帝を裏切り反逆勢力に手を貸した罪を問い、剣を向けた。

ペルデルは、証拠もないくせに殺すのか、それに裏切ったのではない、カイテルもシオルンも好きではないからと言うと、カイテルはペルデルの頬を薄くきり、リアが死んだらお前を殺すと脅した。

ペルデルにとってもリアは希望だったので、もし彼女が死んでしまったら平気ではなかったし、このような事態になるとは思っていなかった。

カイテルはペルデルを宰相から解任し、何故シオルンを生かしておいたのか教えてほしい、言わねばシルビア含めお前の家族を全員殺すと言う。

ペルデルは、カイテルにこのように脅されたため、ため息をつきながら説明した。

ペルデルがアグリジェントに戻ると、業務が溜まっていると部下たちが集まってきた。

ペルデルはもう宰相ではなかったが、仕事のために家族とゆっくり過ごせなかった。

しかも国政が不安定なときに、プレツィアが侵略してきた。

以前ハーベル皇帝と会った時は、黙ったままでいるタイプには見えなかったので予想通りだったが、タイミングが悪かった。

シオルンとハーベルが手を組んだのかもしれないと考える。

すると執務室に、滅多にこないヴァルがやってきて、父がリアをシオルンに渡したのかと聞いてくる。

知られたくはなかったが仕方ないので、そう思いたいなら思えばいいと答えると、ヴァルはペルデルに剣を向けた。

サンセや母も知っているのかと訊かれ、ペルデルは、シルビアがこのことを知って笑っていられると思うのかと答える。

ペルデルを信頼して流していた情報をシオルンに伝えていたのかと、ヴァルはまたも剣を父に向ける。

二度も剣を向けられたペルデルは衛兵を呼び、ヴァルを連行して頭を冷やすように指示するのだった。

漫画「皇帝の一人娘」208話の感想

ペルデルがシオルンをこっそり生かしていたために、リア誘拐事件がペルデルの仕業だと思われています。

ペルデルは、息子にまで剣を突きつけられてしまいました。皇女拉致の原因になったのだから仕方ないでねす。

ペルデルは、カイテルを皇帝として働かせるために、シオルンを生かしていたのでしょうか。

カイテルは皇帝だけど国のために動いていないので、そうしないといけなかったのでしょうね。

そしてペルデルが宰相を辞めることになったのは、カイテルの命令でした。カイテルはリアを失う恐怖で、冷静になれなかったのが原因ですが、信用していた人物の裏切りのせいで、愛娘の命が危うくなったのだから仕方ないような気がします。

シオルンの動きを制御できないのなら、シオルンを生かしておくべきではなかったのでしょうね。プレツィアにもつけこまれていますし。

※この208話から4月4日まで休載だそうです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください