漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」101話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」101話のネタバレ

ダークエルフの死体が起き上がり、武器を構え彼らに襲い掛かろうとするので、彼はまたアイザックが騙したのだと思ったが、そうではなかった。

アイザックは、これらを操っている本体がいるはずだから注意しろと言う。

彼は剣気を使い、ダークエルフを切り裂いていくが、このようなアンデッドはなかなか死なない上、アンデッドチャンドラー戦と違い人数が多く、苦戦しそうだった。

ルビアが弓で狙われたので、彼は吸着を使い、矢を剣にひきつける。

そしてアイザックにルビアを保護してもらう。

アイザックは、蒼天の窓が見える者を死なせるわけにはいかないと言い、高い柱の上にルビアを運ぶ。

彼はスキルを多用し、一気にダークエルフを片付ける。

経験値を獲得しレベルが上がる。

もう倒し切ったかと思いきや、残っていた1体が彼に襲い掛かった。

アイザックは、あのエルフが見に着けているのは、レラジェ信者で最高位の戦士のペンダントだ、気を付けろと怒鳴る。

ダークエルフの攻撃に隙がなく、防ぐのでやっとな彼。

ルビアが彼を心配するあまり、サーバントシステムで防御力が15%UPした。

心配されただけでこの効果なのかと驚く彼は、むしろ自分の方がルビアと一緒にいてもらわないとと実感する。

ダークエルフの膝蹴りを吸着で防ぎ、剣気でダークエルフを真っ二つにする。

これによりレベル、吸着のスキルレベル、精髄にて知恵や双剣術を獲得する。

アイザックは、視線を感じる、まだ本体が残っているから気を付けろと言う。

すると奥の祭壇から、頭と背中に太い杭のようなものが刺さった子供が這いでてきて、気になったから観察していたが、弱い、時間の無駄だったと言う。

アイザックは、この子供が使いの端くれだと気づいた。

アイザックは南部でよくこれらを狩っていたそうだが、今の彼には手に余る相手だという。

そしてそれは尾を生やし、手は鱗だらけの頑丈なものになり、センザンコウが融合したような姿になるのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」101話の感想

ダークエルフのアンデッドは、最強戦士の目だけ光っていたのですが、彼が操っていたわけではなかったのですね。

ダークエルフが崇拝しているレラジェですが、一般的には緑色の服を着た狩人の姿の魔王のようです。突然祭壇から現れたのは、全裸の子供だったので、魔王とは全く関係ないようです。

あの子供は使いの一部のようですが、それでも彼が勝てるかどうかはわからない強さです。彼が精髄吸収やレベルアップでどんどん強くなっても、敵もどんどん強くなるので、いつでもピンチですね。

使いから生えているのは、杭としましたが、ボタンかもしれません。ちょっと不思議なデザインでしたね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください