漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」74話のあらすじと感想!ネタバレ有り

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマLINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」74話のネタバレ

その後、自室に戻ったアタナシアは不貞腐れ、フィリックスに愚痴る。

あからさまに差別するほどジェニットがいいなら、ジェニットだけ呼べばいい、記憶もないのに何故呼んだのか、パパ酷いと。

フィリックスは、陛下は差別されたのではなく、マグリタ嬢がお客様だったからですと教える。

お姫様がご存知の通り、陛下は感情をあまりださない方だ、それでもお姫様と一緒のときは正直に感情を表した、それだけ心地よく感じているからと説明する。

記憶はまだ戻らないがすぐに思い出すと微笑むフィリックスに、アタナシアは礼を言う。

数日後、イゼキエルがアタナシアに謁見を申し込んだ。

事前に連絡がなかったので、侍女達は渋ったが、アタナシアは居候のお礼をまだ言ってなかったので、会うことにする。

久しぶりに再会した二人。

アルフィアス公爵邸にいたときは、イゼキエルの顔をまじまじと見なかったが、今日の彼は大人びて見えた。

イゼキエルは、ジェニットからまだ皇帝が元に戻ってないことを聞いたので、アタナシアの力になりたいと申し出る。

アタナシアは、礼を言い、イゼキエルが優しいからジェニットはイゼキエルが大好きなこと、いつもイゼキエルを褒めていることを話す。

イゼキエルは、ジェニットのことは実の妹のように思っていると言う。

その返事に少し違和感を持つアタナシア。

アタナシアは、公子は使用人にも親切だったので印象に残っている、忙しい中私のことも気遣ってくれた、私でなくてもそうされたのでしょうけどと言うと、彼は、誰にでも優しいわけではないと答える。

イゼキエルは、まっすぐアタナシアを見つめると、困っている人を助けるのは当然ですがと言い直す。

アタナシアは、ある程度彼が自分に好意を持っていることはわかっていたが、それほどだとは思っていなかったので、頬を染める。

どうしようと思い、何か話そうとしたところで、突然ルーカスが入ってきた。

約束の時間になったので迎えにきましたというルーカスに、彼が自分を逃がすために演技したのだと気づき、それに乗っかる。

ではまたとアタナシアが席を立つと、イゼキエルは送るために立ち上がった。

だがルーカスが、自分がいますからと言い、アタナシアとイゼキエルの間を遮るように立つ。

少年二人は睨みあうのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」74話の感想

やはりクロードの、ジェニットとアタナシアの扱いの差は、身内か客人かの差でしたね。感情や表情が丸出しにできるアタナシアの方が、やはり特別なのです。

フィリックスは、リリーが留守の間、アタナシアの世話を頼まれていたので、うまくフォローできたとホッとしていましたね。

さて今回は、アタナシアを巡って、ルーカスとイゼキエルが対立していました。

イゼキエルは、積極的にアタナシアへの想いをアピールしています。アタナシア自身は、原作で彼がジェニットと結ばれるのを知っているので、イゼキエルを恋愛対象だと思っていないのでしょう。

すぐ終わると思った彼の初恋が、まだまだ続いているとは全然わからなかったようです。

そもそもクロード関連でそれどころではなかったですし。

以前も図書館で、イゼキエルとルーカスで睨みあいになりましたよね(38話)今回はあのときよりもかなり厳しく睨みあっていたので、ルーカスにもアタナシアへの気持ちがあるのを、イゼキエルは察したでしょうね。

常にアタナシアの傍にいることができるルーカス相手に、イゼキエルはどう動くのでしょうか。楽しみです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください