漫画「皇帝の一人娘」202話のあらすじネタバレと感想

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」202話のネタバレ

リアが目を開けると、薄着のまま、何故か真冬の外にいた。

夢というわりにはリアルに寒い。

近くに本物そっくりの皇宮が見え、予め知っていなかったら、ここが現実だと思うほどの雰囲気だ。

そばには相変わらず美しい真冬の木があり、初めて会った時にこの木の下で泣いていたアシシを思い浮かべる。

ひとまずカイテルを探そうと歩き始めた瞬間、赤銀髪の少年にぶつかった。

リアはとりあえず少年に挨拶してみるが、彼は黙ってリアをじっと見つめるので、リアはオロオロする。

すると、少年を皇子様と呼ぶ女性が現れた。

この少年が、子供時代のカイテルだとようやく気づいたリア。

女性にどなたかと聞かれたリアは、どう説明していいかわからず、しどろもどろになる。

このまま追い出されるだろうなと思っていると、子供カイテルが、新しく来た侍女だと、何故か助け船を出してくれた。

どういうこと、幼いカイテルかわいいと混乱するリアだが、女性に案内され、侍女として働くことに。

たった数十年前の皇宮だが、現在の皇宮とは全然違った。

特に子供カイテルが住んでいる宮はとても小さな建物で、敷地の隅の辺鄙なところにあるので、意識しなければ誰も通りがかることもない。

あの幼いカイテルが本物の父だと、どう判別すればいいのかわからず、困惑するリア。

仮に本物でも、一緒に戻ろうなどと誘っても、頭がおかしいと言い返される気がする。

侍女としてしばらく様子を見ることにし、仕事としてカイテルの夕食を受け取る。

皇族の食事は、仕えている侍女数人にしか任されないのにと、リアは変に思う。

何故か運んできた侍女の顔はぼんやりとして認識できない。

その後、食事をカイテルの部屋へ運ぶと、侍女長であろう女性に促され、カイテルが食事を始めた。

その様子がとてもかわいらしく、リアのテンションがあがり、思わず笑顔になってしまう。

だがカイテルにチラっと見られそうになり、慌てて真顔に戻る。

1日の仕事を終えたリアは、自分に与えられた部屋に戻る。

夢の中なのに睡眠をとるのも変なので、少し宮の中を歩く。

いずれこの宮は燃やされ、多くの人が死ぬのだろうと考える。

この夢は現実の体感時間と同じなので、夢か現実か区別がつかなくなりそうだ。

こんな調子で本物が見つかるかわからないが、子供のカイテルが見れたのは良かったと思うリア。

カイテルがどのように子供時代を過ごしたかわかったが、この時期の皇宮の雰囲気はおかしく、カイテルが歪んで育ったのも仕方ないと思える。

唯一の直系の皇子なのに、5歳の彼が一人で寂しく過ごす間、皇宮では連日宴会が開かれているのだ。

貴族たちが来ないにしても、父や母は様子を見に来ないのだろうか、5歳は両親の愛が必要な年齢のはずなのにと、リアは思うのだった。

漫画「皇帝の一人娘」202話の感想

現実とほとんど同じ夢の中に入り込んだリアは、5歳のカイテルと出会いました。

どう見ても不審者のリアを、何故かカイテルが助けてくれます。ただ彼女に興味をもったのか、皇族の証である赤銀髪に気づいたのか、何を思ったのでしょうね。本物のカイテルだったりして。

しかもリアを情けないといった様子を見せていますし、なんだかからかっているようにも見えます。

カイテルの側にいた侍女長と思われる女性は、最後までカイテルを守ろうとした女性ですよね。(131話)しかもドランステの首飾りを持っていたという。

火災がおきるのはカイテルが10歳の頃なので、まだ先ですね。

寂しい子供時代を過ごした上に、命を狙われ、大事な人まで失うので、カイテルがひねくれ者になるのも仕方ないですね。この後、それぞれの時代に移行していくのか、この子供時代だけメインでやるのか、どんな展開になるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください