漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」48話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

魔王から世界を救った大魔術師シャーロット・エレノアは、自身の死を直感し、魔法を詠唱し穏やかな眠りにつく。だが恋愛をしてみたかったという心残りから、子供の姿に転生してしまう。親友の手を借り、5人の弟子に正体を隠したまま、第2の人生を歩もうとするシャーロットだが、彼女を慕う弟子たちからそう逃れることもできず。親友、弟子、災いに囲まれるシャーロットの恋愛ファンタジー作品です。

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」48話のネタバレ

ユリアンの過去。

婚約者達を倒した後、ユリアンは一人岩に腰かけ佇んでいた。

シャーロットはユリアンに背中合わせに座ると、ここより良い場所を知っている、空は澄み天候に恵まれた果てしなく広がる森だと話しかける。

シャーロットが去ろうとすると、その手をユリアンの光の蔦が絡んで止めた。

シャーロットは彼女の前でしゃがむと、良ければ一緒にいかないかと誘う。

そうして二人はパンテウム森まで行き、少し一緒に過ごす。

シャーロットと別れる際、ユリアンは親しみを込めて微笑むのだった。

全部を思い出したユリアンは、アリアに抱き着き泣いた。

アトルが、リエルの師匠は自分だと泣き喚く。

すると、助けてと男が一人駆け込んできた。

同時に、巨大なドラゴンが現れた。

ドラゴンの口の中にダンがいた。

アリアとシャーロットが抱き合っているのを見て、ダンは2人の前にテレポートする。

ドラゴンが襲い掛かってきたので、ユリアンとダンが押さえる。

ユリアンが、ドラゴンを倒すまで待っていてくださいと言い、アリアを師匠と呼ぶ。

するとダンが、師匠ではない、今はアリア様だと注意する。

口喧嘩を始めた二人に、集中するよう命じるシャーロット。

まだ建物には捕らわれている人がいるので、ドラゴンを暴れさせてはいけないと言う。

ダンは、あの魔獣は初めは人間だったのに、突然あのような姿に変わったと説明する。

以前アベンタで魔獣を召喚して逃げた正体不明の人物、その時と非常に似ている、もしかしたら目の前の魔獣はその人物かもしれないと言うのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」48話の感想

ダンがようやく合流しましたね。しかもドラゴンに食べられそうになりつつの登場です。これまでずっと大人しくあの檻に入っていたのでしょうか。

正確な記憶を取り戻したユリアンと、ダン、そしてアリアがいれば、この場を難なく制圧できるでしょうね。

地下にはエヴァンがいたようですが、エヴァンはどうしているのでしょう。アリアがいるとわかっていれば、既に姿を現していそうなので、まだ気づいていないのかな。

また、ユリアンをいいように利用していたアトルですが、ユリアンが手元から離れると知り、涙を浮かべていましたね。泣くほどとはと驚きましたが、彼にとってなくてはならない存在だったのでしょう。

ならもっと大事にしてあげれば良かったのに、残念ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください