漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」47話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

魔王から世界を救った大魔術師シャーロット・エレノアは、自身の死を直感し、魔法を詠唱し穏やかな眠りにつく。だが恋愛をしてみたかったという心残りから、子供の姿に転生してしまう。親友の手を借り、5人の弟子に正体を隠したまま、第2の人生を歩もうとするシャーロットだが、彼女を慕う弟子たちからそう逃れることもできず。親友、弟子、災いに囲まれるシャーロットの恋愛ファンタジー作品です。

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」47話のネタバレ

昔、パンテウム森は枯れ、エルフ達には新しい場所が必要だった。

そこで新しく選ばれたパンテウム森の守護者が、あの男だった。

頭部を殴られ、気を失ったユリアンが目をさますと、牢に入れられていた。

魔法で動けないはずのユリアンが動いたので、牢の外にいた男たちは慌てる。

ユリアンはなんとか逃げ出したが、行き着いた先は、落ちれば即死するほどの高さの窓だった。

追いついた男たちが、逃げ場はないから今すぐこちらに降りろと怒鳴る。

自分たちを捕まえて薬にすると言っていた婚約者や、自分を売った守護者が思い浮かび、どうしたらいいのかと戸惑うユリアン。

すると地上にいた、あのマーベルの魔術師が、自分が受け止めるからそこから飛び降りてください、信じてくださいと、ユリアンに伝える。

ユリアンは彼女を信じ、飛び降りた。

ユリアンに黄金の翼がつき、彼女を支える。

下で待つ魔術師・シャーロットは、微笑みながらユリアンを迎える。

シャーロットは、パンテウム森に種を採りに行っていたが、こんなことならあなたの側を離れるべきではなかったと言う。

すると、これはどういうことだと、パンテウム森の守護者である男性が、慌てて駆けつけた。

だがすぐにマーベルの魔術師達が、彼らを包囲する。

シャーロットはユリアンに、パンテウム森の守護者は誰かが選ぶものではない、自然に生まれるものだと言い、種をユリアンの手のひらに乗せた。

途端に、ユリアンの身体は緑色に輝く光の蔦で覆われた。

そしてユリアンは、パンテウム森の守護者として覚醒した。

ユリアンの婚約者だった男は、守護者でも魔術師でも、俺の土地で好き勝手にはさせないと怒鳴り、兵士にシャーロットらを包囲させる。

魔術師の一人が、シャーロットに正体を明かすべきではと言うも、シャーロットは、まだ待機すると答える。

するとユリアンの光の蔦が、兵士たちを攻撃した。

元守護者の男は蔦に捕らえられ、慌てて言い訳しようとする。

だが光の蔦は、彼を地面に激しく叩きつけるのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」47話の感想

ユリアンがパンテウム森になったのは、森の種に選ばれたから。

ではあのエルフの男は、守護者でもなんでもなく、ただのもどきだったわけですね。だから、パンテウム森を復活させることができず、人間と取引をしたようです。

シャーロットが間に合ってよかったですね。シャーロットはユリアンにとって命の恩人ですね。

こうやって皆がシャーロットに命を助けてもらったので、皆は彼女に執着しているのですね。ストーカーじみてますが。

この漫画の良い所は、淡々と進むので、ハラハラしすぎたり、悲しくなりすぎで、ストレスを感じ無い所ですね。

シャーロットや弟子たちが圧倒的な強さなので、特に追い詰められることがないのです。

淡々と進みながら、ジェフリーかエヴァン(災い)のどちらかと結ばれる話なのだろうなと思っています。やはり登場回数の多い、エヴァンと結ばれるような気がします。

さて、おそらく今回でユリアンの記憶が正しく戻ったと思うのですが、既にアリアとしてではなくシャーロットとして接しているので、このまま正体を明かすのでしょうか。

ダンにだけはまだ誤魔化し続けるのでしょうか。もう今更だしバレバレなので、変に隠さなくてもいいかと思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください