漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」83話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

どこにでもありそうなファンタジー小説内の悪役で脇役、さらに悪妻のあまり次期皇帝の夫に処刑される妃、カナリアとして生まれ変わってしまった主人公。そんな彼女が生き残っていくために奮闘する、異世界恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」83話のネタバレ

カナリアは震えながら、本当にセザールかと言う。

城門はジャックスが開けてくれたそうだ。

イーサンがカナリアの救出に成功した際は、皇后宮裏の南の森に逃げるはずだと聞き、セザールはここまで捜しにきたのだ。

カナリアは、自分を救うためにイーサンが危険を冒したので、今すぐ助けに向かってほしいと言うも、既にセザールの精鋭軍が向かっているそうだ。

カナリアは安心したのか、そのまま気を失ってしまった。

彼女が怪我したのは、皇太子になることこそカナリアを守る道だと思いこんでいた、自分のせいだと思うセザール。

もう一人にはしないと心に決める。

一方、スチュワート公はグレイシーに捕まり、拘束されていた。

隣国での地位を見返りに、第一皇子を反逆をしたてあげたことはわかっていると言うグレイシー。

スチュワート公はしらばっくれるので、グレイシーは拷問器具を見せ、ゆっくり話しましょうかと微笑む。

一方、周囲の騒がしさで、目を覚ましたイーサン。ジャックスが泣きじゃくっていたのだ。

イーサンは無事救出され、手当てをうけ、眠っていたのだった。

カナリアも保護され、ランカスター公爵の別荘に運ばれていた。

傍らには、優しく微笑むセザールがいる。

セザールは、イーサンも無事救助されたことを伝えると、彼女のために飲み物を用意する。

グレイシーは、セザールの無罪を証明するために、証拠を確保している最中だという。

反逆で疑われているセザールが、武力で無理矢理皇宮に押し入るのは悪手だからだ。

イーサンについては頑丈だから心配ないが、皇宮に戻ったら強制的に休ませるつもりだと話す。

カナリアには、寝ていた方が早く良くなると言うと、彼女は突然ベッドから降りた。

セザールは慌てて倒れそうなカナリアを支え、彼女ごと床に倒れる。

カナリアは、足が傷だらけでろくに歩けなくても、イーサンの様子を見に行こうとしたのだ。

セザールは、もう自分のために傷つかないでくれと言い、カナリアを抱きしめる。

セザールが泣いていることに気づいたカナリア。

平然なフリをしていたが、本当は悲しんでいたことをカナリアは理解し、会いたかったと気持ちを伝えるのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」83話の感想

カナリア達は無事救出されましたね。ランカスター公爵家に保護されているので安心です。

イーサンもとんでもない耐久力のおかげで無事でした。でも、いくら無事だと聞いても、カナリアからしてみれば、あのような状況で別れたので、気になって仕方がないですよね。

カナリア自身は、ヒールを脱いで裸足で走ったので、足をかなり痛めたみたいです。

セザールの方は、カナリアにそこまで無理させてしまったので、自分の判断に後悔し、涙していました。カナリアはそんなセザールの思いを知り、二人はキスしていましたね。

さて、皆が無事救出されたところで、今度はグレイシーが確保したスチュワート公を使って、巻き返さなければいけません。セザールは無事、皇宮を奪還できるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください