漫画「彼女が公爵邸に行った理由」138話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

小説内に転生してしまったレリアナが、生き残るためにある公爵と婚約取引をし、互いに惹かれあっていく、転生系恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」138話のネタバレ

とある部屋に集まったノア達。

ジャスティンは、ビビアンを殺したのはベアトリスかと言い、ノアは、おそらくと答える。

肝心のベアトリスとラングストンの契約書は、荷物が全て燃やされていたため、入手することはできなかった。

ベアトリスが持ってきた購買帳簿には、ビビアンの名前が書かれていたと知ると、ジャスティンは、その女は自分が引き受けるからそのまま処理していいかと言う。

ヒーカーが、その女とはと尋ねると、陛下と聖下がいるところに反逆者がいるのかという、ブレイク公爵の怒鳴り声が聞こえた。

げんなりするシアトリヒ。

だがヒーカーは、ブレイク公爵に部屋に入るように指示する。

ヒーカーは、レリアナの身柄は神聖国が引き取ると言うと、王妃殺害犯なのだからそのような要求を飲まないでくださいと、ブレイク公爵が吠える。

顔を歪めるジャスティン。

すぐに反逆者達を処罰し、王妃殺害犯を監禁する必要があると言うブレイク公爵に、シアトリヒが直接的な証拠がないと言うも、私の娘が嘘をついたというのか、帳簿もあるとわめき出した。

帳簿は確実な証拠ではないが、疑問を持たれてしまうので厄介だ。

シアトリヒは、神聖国に引き渡すにしても協議が必要、あまり時間をかけると王がレリアナを特別扱いしていると思われるので、少しの間拘禁するべきかと考える。

ジャスティンは、ブレイク公爵が持っていた帳簿を落とすと、この帳簿では何も証明できないと言う。

妹が殺されたのに狂ったのかと怒鳴るブレイク公爵。

この帳簿はビビアンが作成したものではないと言い返すジャスティン。

そのやり取りを聞いたヒーカーは、皆の頭のレベルをバカにした後、帳簿を手に持ち、話し始めた。

旧教の堕落後、世界中で聖書を燃やし、旧教の神学を抹消する動きが始まったのだが、勝手に聖書を作成した疑いで、無実の人々が旧教の信者として迫害を受けたことがあった。

これにより、無実の人々を選別するために、筆跡を鑑別する技術が必要になった。

ヒーカーもその技術を持っていてたので、指先を振ると、帳簿からとある女性の姿が浮かんできた。

それはベアトリスだったので、ブレイク公爵は呆然とする。

ヒーカーは、この女がビビアンなのか、そうでないならば書いたのは王妃ではない、敢えて私の孫に罪を着せようとした奴はどこにいるのかと睨む。

慌ててベアトリス確保のために走り出すジャスティン。

ブレイク公爵は、ベアトリスに怒りつつ、真実がどうあろうと関係ない、おかしくなってしまったシャマル侯爵と旗手家門がまだいるから、ウィンナイト公爵が婚約者をまもるために王と手を組み、大神官にショーをさせたと思い込ませればいいと考え、その場から離れようとする。

だが、何を考えているかわかっていると言うノアに捕まり、ここから1歩でも動けばどうなるかわからないと、アダムを指し脅す。

ブレイク公爵は、まだ私の力は健在なのだぞと言い返すも、そなたの娘が王妃を殺すまではなと、ノアに微笑まれてしまう。

そして、短い時間だがそこであがけばいいと言い、微笑みながらノアは部屋から出るのだった。

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」138話の感想

ヒーカーが現れたことで、あっという間に解決しそうです。

あのように犯人を浮き上がらせることができる術があるなんて、予想もしていませんでした。何でもできるんですね、さすが大神官。

でもあのようにベアトリスが犯人だと見せつけられても、まだブレイク公爵は諦めていないのですね。今更後には退けないからでしょうが、ただうるさいだけの人になってしまいました。

さて、ベアトリスが犯人だとわかったところで、ジャスティンとノアはベアトリスを確保しに向かったようですね。

その間、レリアナはどうしているのでしょう。レリアナは寝室に運ばれたのですが、アダムはノアと一緒にいたのでついていかなったのですね。

今レリアナの近くにいるのは、神官だけでしょうか。それではまたベアトリスに彼女が襲われてしまうのでは。ちょっと心配ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください