漫画「外科医エリーゼ」最新話131話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、コチラ

漫画「外科医エリーゼ」最新話131話のネタバレ

エリーゼにとびかかったのは、ミハイルが飼っている可愛い子犬。

子犬と聴診器で遊びながら、うまくいかなければこの子犬はミハイルを失うのだろうと考える彼女。

すると子犬が聴診器をくわえたまま、駆けだしてしまった。

その聴診器はリンデンからプレゼントされた大事なものだったので、慌てて追いかける。

子犬を追いかけて、屋敷の奥まで入り込んでしまったエリーゼは、リンデンの暗殺計画を耳にする。

ギルバート伯爵からの情報を使い、リンデンが郊外に出たときに、剣騎士団で襲撃するというものだ。

最後のチャンスだから必ず成功させようと話している。

驚いたエリーゼは、すぐにここから逃げなければと思うが、運が悪いことに、子犬が彼女を呼ぶために吠えた。

すぐに部屋からメルキト伯爵などが飛び出る。

メルキト伯爵にどこまで聞いたと問われたので、エリーゼは誤魔化そうとするが、捕まってしまう。

彼らは、エリーゼをこのまま解放すれば、すぐに皇室に計画がばれてしまう、かと言って殺すと民衆に大きな影響があるので、彼女をどうするか相談する。

このまま彼女をここに置いていても、彼女が消えたことに皇室が気づく。

どうすればいいのかと頭を抱えるメルキト伯爵に、男の一人は、こうなったら皇室が彼女がいなくなったことに気づく前、つまり夜が明ける前にリンデンを殺すしかないと言う。

メルキト伯爵は、ミハイル皇子が戻ってきてから決めようと言い、ため息をつく。

するとドアが乱暴に開けられ、話は聞いた、リゼはどこにいると、険しい表情のミハイルが現れるのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話131話の感想

エリーゼに飛びかかったのは、やはりミハイルの飼い犬リゼでしたね。

子犬が鞄に興味を盛ったので、聴診器で遊んであげたのですが、そのまま持ち去られてしまいました。

犬を飼っていた経験からすると、あの聴診器はもう歯や爪でボロボロなのではないかと思います。聴診器で遊んじゃ駄目ですよね。しかもリンデンからの贈り物ですし。

しかし子犬との遊びのおかげで、リンデンの暗殺計画を知ることができました。大幅に計画が狂うわけなので、成功率が落ちます。

民衆に人気のあるエリーゼを、ましてメルキト伯爵にとっては恩人である彼女を害する可能性は低いので、彼女がここで捕まったのは運が良かったかもしれません。

それにミハイルも登場したので、エリーゼは無事ですね。リンデンの方も、念入りな暗殺計画を回避できたので、良かったのだと思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください