漫画「外科医エリーゼ」最新話132話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、コチラ

漫画「外科医エリーゼ」最新話132話のネタバレ

エリーゼは後手に縛られ、睡眠剤が漂う部屋に投げ込まれていた。

それを見たミハイルは、すぐに解放するようにと怒鳴る。

メルキト伯爵が今後どうするのかと尋ねると、ミハイルは、準備した計画では難しくなったから、剣騎士団に今夜夜間訓練があると準備させろと命じる。

メルキト伯爵らが指示に従い部屋をでると、ミハイルは眠っているエリーゼの脇に立ち、このように会うのは最後だろう、愛していると思いを告げる。

今夜兄を討つが、自分にできるかわからない、歴史書では兄弟でこのように皇位を争うのは珍しくないが考えられないことだと言う。

こんな風に出会わなければと思うミハイル。

そして気を引き締め、部屋から出ていこうとする。

すると目覚めたエリーゼが、彼の名を呼んだ。

ミハイルは驚いたが、笑顔を作ると、もう少し寝ていた方がいいと言う。

だがエリーゼが近づいてくるので、ミハイルは、これからエリーゼの愛する人を殺しにいくのだ、近づかないでと叫ぶ。

エリーゼは、何故泣いているのかと言い、彼の顔を手で包む。

泣いてないと言い張るミハイルを、彼女は抱きしめるのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話132話の感想

エリーゼはミハイルのおかげで、なんとか解放されました。

貴族派は、エリーゼに計画が知られてしまい、暗殺が難しくなりましたが、それでも決行するようです。

でもそれをしてしまったら、ミハイルはひどく傷つくでしょう。エリーゼとの間に、埋めることができない溝もできるでしょう。

そんな悩めるミハイルのところに、免責権をもつエリーゼが来たのはタイミングが良かったのかもしれません。

エリーゼはミハイルが苦しんでいることを理解し、寄り添いました。これからミハイルと交渉するのでしょうけど、うまくいくと良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください