漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」103話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이

毎週月曜に最新話が公開されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」103話のネタバレ

ロイがエステルに、命も名誉も全て主人の物となる、忠誠の誓いをしたと知ったケルソンは、そのままほったらかしではいけないとエステルに話す。

主人は自分の騎士に、剣などを授けなくてはいけないそうだ。何がいいかと考えるエステルは、ドラゴンを訪ねる。

丈夫なドラゴンの鱗で、武具などを作りたいと思ったのだ。

ドラゴンは、せっかくだから魔法で加工し、完成品を作ってやろうと言う。

報酬は何がいいかとエステルが尋ねると、ドラゴンは、君を味わわせてほしいと言い出した。

思わず止めに入るアン。あっさり承諾するエステル。

アンは、エメル様が好きなのでしょうと言うので、エステルは、味わいたいと言ったのだから血だけ、皮膚は切り取らないと説明する。

これにはドラゴンも唖然とし、アンは笑う。

呆れたドラゴンは血を報酬とすることにし、エステルの腕に牙を立てる。

そしてドラゴンの鱗で作った鎧はすぐに完成した。

ロイはエステルの騎士になったので、彼の部屋はウルフ騎士団の隊舎からエステルの部屋の脇に移動した。

エメルは多忙のためしばらく護衛できないと、エレンを通して連絡してきた。

寂しくも感じたが、色々思う間もなく、エステルも多忙になった。

エステルが浄化したソリード伯爵領地を、エステルが公爵から譲り受けることになったのだ。

公爵も多忙なので、エステルに投げた形だ。ケルソンは、お嬢様が引き受けてくれるならとても助かると、目をキラキラさせている。

そして大量の書類を渡されたエステルが、げんなりしながら廊下を歩いていると、ゼオンが声をかけてきた。

ゼオンより先に伯爵になったとおどけるエステル。

そして、私は綺麗かと彼に尋ねると、いきなりの質問に、ゼオンは顔を赤くしながら、キレイだと答える。

では私が好きだと告白したらどんな気持ちかと言う。

ゼオンが相手は誰かと尋ねるが、エステルはわからないと言う。

ゼオンは、エステルは人を惹きつけるか、皆嬉しいのではないかと答える。

リドルの様子が変なので、何かあったかと尋ねると、この前の戦争で、リドルとカルルの板挟みになってしまったそうだ。

それでリドルが何かをし、カルルはリドルを友達だと思わなくなったそうだ。

少し悲しく思うエステル。

するとそこへジンが慌ててやってきて、エメルが公爵家を去ることを知っているかと、エステルに報告するのだった。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」103話の感想

エメルが公爵家から離れることを、ついにエステルも知りましたね。

エメルはエステルを守るために動くのですが、エステルはそれを知らないから、ただ自分の気持ちを拒絶されただけだと思ってしまうのでは。

出ていく際に挨拶があるといいのですが、なんだかエステルに心配させないために、一人で動きそうな気がします。どうなるのでしょうね。

また、胡散臭い皇族の一員であるリドルと、カルルの仲が悪くなってきたようです。

リドルはカルルの兄弟になりたかったのに、突然カルルの妹として現れたエステルに、よくない気持ちを抱いていたはずです。

カルルに疎遠にされたリドルが、さらにエステルを憎むようなことにならなければいいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください